ここから本文です

不老不死は可能ですか?

アバター

ID非公開さん

2018/9/1820:44:26

不老不死は可能ですか?

閲覧数:
33
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

raf********さん

2018/9/1822:26:45

再生医療が進歩すれば人体の殆どの部分が取り換え可能になりますね。
脳も萎縮した部分を段階的に補充すれば
再利用された記憶が再構築され本人らしさを保ったまま軽度の変化で
生きながらえ続けるという状態になるのではないかと思います。

平均寿命の延びが1歳を超えて多くの人が死なずに生き続ける状態と化すと
進歩する医学の恩恵を受ける人が増えて行くでしょうし、
40兆円を超える医療負担の大部分は高齢者の終末期の高額医療に使われ
若者は医療費的には圧倒的払い損と言われてます。
老化を止める医療が30兆円より安く可能になれば
自由に老化する事は周囲に大迷惑を掛ける有害な行為として規制され始める
なんて事も起こるかもしれません。納税者の税の使い道への意見次第です。


で、不死の部分は簡単ではないかもしれませんが、
現在社会に浸透しようとし始めているVR/AR/MR技術と
体感覚再現デバイスが低コスト高品質化すれば、
インターネットの社会的普及、スマホの普及、VRデバイスの普及となり、

深海や宇宙など人間が簡単に即死する環境で作業する遠隔人型ロボット作業、
地球の真裏でも何ヶ国でも遠隔人型ロボットで活動可能となり、
生身の体では不可能な時速数百kmでダッシュしたりジャンプしたりを
利用した新しい刺激的な体験型エンターテイメントが登場したり、
カナダやロシア等の人間が全く住んでない土地を食料なしで
冒険し中段し再開できる遠隔トレッキング等、
生身の人間では難しかった事が当たり前に行われる時代になるでしょう。

食事や身だしなみなどの反復作業に人生を費やされ続けるのが嫌な人が
遠隔人型ロボットの利用中に生身の手入れをして貰う様になれば、
生身の体は安全な所にあり交通事故で突然死ぬとか
病気で死ぬとかが殆どない、ほぼ不死に近い暮らしに至るかもしれません。


完全な不老不死ではなく、不老不死っぽい事は可能になるでしょう。
核戦争になってもお偉いさんは核シェルターに避難し死なない時代です。
技術による目まぐるしい社会変化の末にそれっぽい日は来るでしょう。

それはそれで終わりがない恐怖かもしれませんが。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gam********さん

2018/9/1820:46:34

まだ きびしいですねぇ

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる