ここから本文です

財務諸表論を勉強しており、よく「会計事実」という言葉が出てきます。 この意味...

sak********さん

2018/9/1916:33:42

財務諸表論を勉強しており、よく「会計事実」という言葉が出てきます。
この意味は「会計に関する事象」のことを意味するのでしょうか?

閲覧数:
44
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mor********さん

2018/9/1918:20:05

会計事実とは、会計の対象となる事実のことです。

会計の対象は経済活動ですが、
経済活動のうち貨幣的に表現できないものは
財務諸表に計上できません。

例えば、人材に関しては貨幣額を割り当てることは困難です。

したがって、会計事実に会計を適用し、
貨幣額を割り当てていくことになります。

なお、会計事象という名称での理解でも問題ないように思います。


以上より、会計事実が意味するところは
広義では経済活動全体、
狭義では経済活動のうち貨幣的に表現できるもの
だと考えられます。

質問した人からのコメント

2018/9/25 18:55:15

ありがとうございました。
理解することが出来ました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる