ここから本文です

宇多田ヒカルは復帰後のほうが歌詞・曲ともに深みが増したように思います。 みな...

プロフィール画像

カテゴリマスター

kin********さん

2018/9/1917:38:11

宇多田ヒカルは復帰後のほうが歌詞・曲ともに深みが増したように思います。
みなさんどう思いますか?
やっぱり「人間活動」、母の死、子供の存在といった人生経験が大きいのでしょうかね?

閲覧数:
344
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jaj********さん

2018/9/1922:50:25

質問者様のおっしゃる通りだと思います。
私も同じです。

人間活動の成果が復帰後の曲に反映されているかと思いますが、
藤圭子さんの死は、非常に影響されていると思います。

ただ、宇多田ヒカルさんのやりたかった人間活動の先にあった、宇多田ヒカルさん本人が描いていたものとは、現在は少し違うのかもしれません。藤さんの死は予想できなかったと思いますので。
昔から、いなくなりそうだ、という歌詞は多かったですが。

若い頃の歌詞は、哲学的で難解な歌詞も多く、好みが分かれる曲でした。
未だによく分からない曲もあります。笑

復帰後では、人間活動や誰もが経験する別れなどを経て、いろんな人たちが共感できる歌詞になりました。
苦いこと、つらいこと、切ないこと、悲しいことをうまく歌詞に乗せているなというのが私の感想です。
歌詞の上手さは昔からですけどね。
分かりやすくなったと思います。

質問した人からのコメント

2018/9/20 16:27:48

共感ありがとうございます!

「宇多田ヒカル」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる