ここから本文です

人間ドックで肺CT検査を受けたら胸部レントゲン検査を受けなくてもよいでしょうか?

fuk********さん

2018/9/2822:57:24

人間ドックで肺CT検査を受けたら胸部レントゲン検査を受けなくてもよいでしょうか?

閲覧数:
111
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sem********さん

2018/9/2909:12:35

>人間ドックで肺CT検査を受けたら胸部レントゲン検査を受けなくてもよいでしょうか?
--->考え方次第です。
胸部CT検査が胸部X線検査より分解能もよく鮮明に観察できます。ですのでそれで良いという考え方も間違い有りません。しかし、胸部CT検査が精密なのは分かりますが、違った方向からは肺全体を観察できるのは、胸部X線検査です。胸部X線検査は、肺観察の基本です。被ばく線量も胸部CT検査に比較すれば、100から1000分の一の被ばく量であり、CT検査を行うなら誤差範囲の無視して良い被ばく線量と考えて間違い有りません。※それだけCT検査は被ばく量が多い。
個人的な意見では、出来れば胸部X線検査もなさられたら如何でしょうかと思います。

質問した人からのコメント

2018/9/30 07:21:00

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jap********さん

2018/9/3003:32:35

通常なら不要です。それより医療被曝を気にして下さい。

uot********さん

2018/9/3003:29:50

CTの方がはるかに精密な検査なのでレントゲンを撮る必要はないと思います。

ただCTの方が被曝は多いので、例えば今後も経過観察することを考えればレントゲンもあっていいように思います(毎回CT撮ると被曝が増えてしまうから)。

もっとも人間ドックの肺CTの被曝も大したことはありませんが。

プロフィール画像

カテゴリマスター

tnm********さん

2018/9/2909:42:15

胸部CT検査が胸部X線検査より分解能もよく鮮明に観察できます・・・
と言う回答は間違ってるよ!!!

分解能が良いのは胸部の単純X線撮影の方です!!
ただ「立体視」出来るので鮮明に見えると言う事です

分解能と言うのは・・・・
離れた(近接した)二つの点を二つとして見分けられる距離で表します
肉眼の分解能は通常0.1㎜(100μm)とされていますが
赤血球(平均7μm)が粒子状に観察できます

しかし
一般的にどちらも肺がん(肺結核)のための検査ですから
CTをしたなら、単純X線撮影は省略しても良いかもしれません

私が一時期勤務していた健診センターのドックでは
両方とも実施することを原則(ルーチン)にしてましたけどね

tei********さん

2018/9/2909:31:14

胸部レントゲン検査は放射線の線量は無いに等しいので
撮って置いた方が良いと思います。
全体像を見て把握して置くと言う意味と
今後の為次回CTを撮らなかった時の
胸部レントゲン検査と比較んしたいので
証拠の残しとしても撮って置きたいところです。
診断自体はCT検査があれば胸部レントゲン検査は不要です。
(#^^#)

胸部レントゲン検査は放射線の線量は無いに等しいので
撮って置いた方が良いと思います。...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる