ここから本文です

交通事故 先日、交通事故に遭いました。 車対車で後ろから追突事故だった為 ...

アバター

ID非公開さん

2018/10/210:10:13

交通事故

先日、交通事故に遭いました。

車対車で後ろから追突事故だった為

過失割合が10(私) : 0で話が進んでいます。

その場合、車の修理費と治療費は

相手の保険等で賄ってくれるとは思うんですが

その他に金銭的に貰えたり、保証等は

どのようなものが発生するんでしょうか。

車も事故車になることで売値が

安くなってしまうのが悔しく

被害者側で何も悪くないのに

損しているような気がしてなりません。

補足訂正 私が被害者なので、過失割合が10:0(私)でした。

閲覧数:
141
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

hir********さん

2018/10/210:51:05

>その他に金銭的に貰えたり、保証等はどのようなものが発生するんでしょうか。

答え 怪我の治療について、治療費のほかに、傷害慰謝料、通院交通費、休業損害があれば休業損害が支払われます。

>車も事故車になることで売値が安くなってしまうのが悔しく

答え 交通事故に遭えば、その車が必ずしも、事故車として扱われるとは限りません。
また、事故車となった場合、その評価損は、裁判等で請求すれば、認められます。

>被害者側で何も悪くないのに損しているような気がしてなりません。

答え 実際にそのように感じるのは、一般的なことです。
損害賠償の実態が、加害者に有利になっています。
それは、裁判所も加害者有利に判定しているから、現状では仕方ないことです。

参考意見
これを是正するには、最高裁判所の裁判官の審査を、国民が真剣に考えて、投票するしかありません。
そこをいい加減にしていて、自分が被害者になったときに、なんか変だぞ、と気づくわけです。
加害者よりの最高裁の判事は、国民審査で免職にするほかないのです。

アバター

質問した人からのコメント

2018/10/2 12:44:45

事細かに回答頂きありがとうございます。

私自身初めての体験なのでいい勉強になりました。

「交通事故」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqr********さん

2018/10/211:09:40

怪我に対しては仕事を休めば休業補償を受けることができますし慰謝料も発生します。後遺症が残れば後遺障害に認定されれば後遺症に対しての補償も受けられます。

ただ車という点では修理費になります。評価損については裁判すれば認められる可能性はありますが保険との交渉では難しいと思います。

te_********さん

2018/10/210:28:25

>車も事故車になることで売値が安くなってしまうのが悔しく被害者側で何も悪くないのに・・

この理由で相手に請求した場合、相手は「売るかどうか確定していないのに売った場合の『仮定』での請求には応じない」となります

どうしてもというなら、評価損を裁判で認めて貰う必要がありますが、裁判するつもりはありますか?ないなら質問自体がほぼ無意味です

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる