ここから本文です

日本の政治は「ロバの政治」ではないでしょうか?

tai********さん

2018/10/211:42:42

日本の政治は「ロバの政治」ではないでしょうか?

「ロバの政治」とはベンジャミン・フランクリンが言った、人間ではない何かに影響される政治の事です。
_________
日本人は民主主義をアメリカ人に教えてもらいました。しかし、今に至るも日本人はアメリカの民主主義を完全には学べていません。

以下のアメリカ大使館広報部から引用した、ベンジャミン・フランクリンの言葉は、日本人が繰り返し思い出すに値する言葉だと思いませんか?

投票権

この結果、独立戦争の後、選挙権は確かに拡大したが、普通選挙には、ほど遠かった。そして不動産、ないしは動産を実際に所有しているか、最低限の税金を納めているかの、いずれかの財産要件によって、その後50年間にわたり選挙権が制限され続けた。

しかし、財産所有によって、人は賢くなるのだろうか? 自由を愛する気持ちや、公の問題についての正しい判断は、富によって左右されるのだろうか?

ベンジャミン・フランクリンは、1776年の独立宣言と、1787年の合衆国憲法の草案を作成した会議の出席者の中で、おそらく最も徹底した民主主義者だったが、そんなことはないだろうと、彼が考えていたのは確かである。

選挙権に関するベンジャミン・フランクリンの発言

「今日、ある男は、時価にして50ドルのロバを所有していて、彼には投票権がある。しかし、次の選挙の前に、このロバは死んでしまった。この間に男は経験を重ね、政府の諸原理に関する知識と、人類に関する見識もさらに広がり、従って統治者を正しく選ぶ資格も高まった。・・・

しかし、ロバが死んでしまった以上、投票できなくなった。皆さん、教えてほしい。投票権は誰にあるのか? この男か、それともロバか?」


フランクリンのこの言葉は、その後、半世紀にわたり、すべての州で選挙権拡大を求める戦いが行われる中、再三繰り返されることになった。

ベンジャミン・フランクリンの言葉は、こう言いかえる事もできるだろう。

しかし、住む土地によって、人は賢くなるのだろうか? 自由を愛する気持ちや、公の問題についての正しい判断は、住む土地によって左右されるのだろうか? 少しでも英知が有る者なら、そんなことはないだろう、と考えるだろう。

「今日、ある男は、田舎に住んでいて、彼には都市住民の3倍の価値の投票権がある。しかし、次の選挙の前に彼は都市に移住した。この間に男は経験を重ね、政府の諸原理に関する知識と、人類に関する見識もさらに広がり、従って、統治者を正しく選ぶ資格も高まった。・・・

しかし、都市に移住した為、彼の一票は1/3の価値に下がってしまった。皆さん、教えてほしい。投票権は誰にあるのか? この男か、それとも住む土地か?」

ベンジャミン・フランクリン,ロバ,民主主義,統治者,投票権,ベンジョミン,なに

閲覧数:
27
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

twe********さん

2018/10/211:46:42

ベンジョミンがなにかをゆったのぉ?(・o・)

質問した人からのコメント

2018/10/6 22:09:48

回答ありがとうございます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる