ここから本文です

最近ネットの掲示板のクラシックのカテゴリを見ると、楽器を演奏する際に「耳で覚...

アバター

ID非公開さん

2018/10/618:16:38

最近ネットの掲示板のクラシックのカテゴリを見ると、楽器を演奏する際に「耳で覚えてはいけない」「耳で覚えるクセを付けてはいけない」という意見を目にしますが、初耳です。

私は小さい頃に音楽教室に通っている際に耳で覚えてしまっても先生に何も言われませんでした(「楽譜を見るクセもつけようね~」くらい)が、何か弊害があるのでしょうか?

ちなみに私は現在30代で、作曲・編曲の仕事をしています。
以前は音楽事務所所属で、現在はフリーランスです。
耳で覚えるクセのおかげか、以前はよく採譜の仕事(楽譜書き起こし・MIDI入力の両方)をしてました。

閲覧数:
125
回答数:
5
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tuk********さん

2018/10/701:58:29

楽譜離れが著しいと感じるピアノ講師が時々言いますね。
初見弾き、ソルフェージュ、しっかりと教えたいのでしょう。
五線譜はピアノに最適化されたスコアでもあります。

逆に耳コピーが重要な楽器の代表として、ロックギターを例にとります。
1弦解放
2弦5弦
3弦9弦
4弦14弦
5弦19弦
これらは全て異弦同音です。
しかし、実際に鳴らすと、全く異なるニュアンスの音です。
指番号の無い楽譜を見て弾けるでしょうか?
これに加え、ビブラートやピッキングのUPかDOWNの指示が同時に出た時、情報が多すぎ、初見で弾けるの人は皆無に近い状態です。
クラシックとちがい、耳コピーが重要でもあります。

採譜は当然、耳コピーが重要ですね。

  • tuk********さん

    2018/10/707:33:07

    ↓tai********さん

    質問者さんは採譜(MIDIなど)を以前されており、元々クラシックオンリーでは無い方。
    2ndカテゴリはDTM

    故にクラシックを他のジャンルと対比しても問題なし。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mar********さん

2018/10/707:15:11

そんなの昔から言われてるよ。

kak********さん

2018/10/703:03:58

クラシックは演奏が他者のコピーになってはいけないから。
コピーになっていけないのはニュアンスの部分です。
同じ楽譜から異なる演奏を生み出す事が重要。
もちろん音の配列等を改変する事は出来ません。

tai********さん

2018/10/701:07:43

以前、ギター教室にこんな奴がいました。

「オレはその曲の誰かの演奏を聞いてないと、その曲を弾けないのだ‥」

つまり、彼は楽譜から音を創造できないのです!

耳コピでのみ演奏できるということは、オリジナリティは全く無いということです。

他人のモノマネしか出来ず、作曲者と自分との対話にまで持っていけない。

要するに演奏盲(メクラ)だということです。

初見で弾くことなど不可能だと宣言してるのと同じことです。

それを治すには手当たり次第の初見弾きしか無いでしょうね。

反吐が出る思いで何年も何年もかかって、自分自身で音楽を作り上げるという慣れない労苦に耐えるしかありません。

「や~めた!」

恐らく9割方は挫折することでしょう。

如何にクラシックに於いて楽譜との対話が重要かということです。

楽譜は作曲者の分身ともいえるし、貴方に宛てた遺書であるともいえる。

よく読み砕いて得心するまで至らないと、その曲は自身のレパートリーとは永遠にならないと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kin********さん

2018/10/618:31:41

質問者さんは、音と楽譜がちゃんと対応していたのでしょう。
幸いですね。

多くの子どもは、耳⇆音、だけの対応で、楽譜から離れてしまいます。
楽譜を書けないし読めないのです。

練習しているうちに音と楽譜の対応に気づく子もいますが、ずっと気づかないままの子もいるのです。このような子は、お手本になる音がなければ、演奏できません。
そういう子の中にも、音を頼りに弾いたり変奏したりできる子もいますが、楽譜として他人に伝えることはできません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる