ここから本文です

人が亡くなって次の月の命日、つまり初月忌のことを、私の地域では「立日(たちび...

ys4********さん

2018/10/821:36:45

人が亡くなって次の月の命日、つまり初月忌のことを、私の地域では「立日(たちび)」と言います。この「立日」の語源は何でしょう。何が立つのか? ご存知の方があればお教えください。

閲覧数:
936
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

編集あり2018/10/821:49:33

葬祭業の者です。

「立ち日(立日)」の立ちは旅立ち、旅立った日のこと、つまりお命日のことです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sol********さん

2018/10/823:09:34

鹿児島ですが、祖母は、月命日・祥月命日どちらも、「たっび(たちび)」と言ってました

あの世に旅立った日

と言う意味だと思ってます

プロフィール画像

カテゴリマスター

kaiki728さん

2018/10/823:04:02

地方によって呼び方が違います。「立日(たちび)」という意味は、浄土へ旅立つ事を意味するのではないですか?私達新潟県では「命日」と言っています。
仏の願いは四十八願あります。亡くなられてから一つ一つ願いをクリヤーして四十九日目に浄土へ参られる訳です。
亡くなられた日を浄土真宗では「祥月命日」と呼んでいます。
合掌寺の住職より。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる