ここから本文です

光回線の通信機器(モデム、ルーター等)にお詳しい方、リブートの持つ意味について...

zod********さん

2018/10/1223:14:57

光回線の通信機器(モデム、ルーター等)にお詳しい方、リブートの持つ意味について教えて頂けないでしょうか?

私は以前とあるISPの顧客対応の仕事で、ネット接続不可の復旧方法等の案内をしていたことがあります。

一番よくある問い合わせは「ネットが突然切れた」というもので、その都度まずは自宅にある全ての通信機器類の電源を入れ直すよう案内し、それでも改善しなかった場合より詳しく対応する…という流れでした。

研修でネット接続不可の原因は、料金未払い(回線側含む)・一時的な発熱や静電気、長時間起動による何らかの問題・PPPoe認証のIDPWが変更された、宅内ケーブルの損傷や抜け、機器類の故障、回線設備側の故障や不備、極度の速度低下で遅すぎるため切れているように感じる 等があげられると習いました。(上記以外に考えられる原因の記載漏れがありましたら、ご指摘頂けると助かります。)

大体はリブートで治るのですが、治らなかった場合に先輩からもう一度リブートを「一回目より長めに」と指示されたことがありました。

対応が終わった後に詳しく質問すると、「通信機器のリブートは15分以下かけて行うか、それ以上行うかで意味合いが変わる。速度低下のトラブルシューティングでは一晩電源を落とすようお願いする場合もある」と答えて頂けました。

通信機器のリブートの意味合いとは、【機器再起動】、【IPアドレスの再取得・割り振り】、【放電】と自分なりに解釈していましたが、15分以上する意味とはなんなのかが未だにわかりません。

コンセントを抜いても基盤内に電気が残ってる…という推測をするのだとすれば、リブート後に設定情報が飛んでいない(PCマザボのコイン電池的な何かがあるんでしょうか?)ことからもあまり意味が無いのではと考えてしまいます。

長くなり読みにくい部分もあるかと思いますが、何卒よろしくお願い致します。

補足誤字がありました。申し訳ありません。
→× >「通信機器のリブートは15分以下かけて行うか、それ以上行うかで意味合いが変わる。


正しくは、「15分以下か、それ以上行うかで意味合いが変わる。」でした。

閲覧数:
47
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hip********さん

2018/10/1300:01:57

通信機器のリブートはPCでいうところの「シャットダウン」と「電源投入」にあたるが、通信機器は回路の消費電力が少なく電源を短時間切断してもコンデンサに電荷が残ったままになり、回路設計がよくない機器ではこのまま電源をつなぐとコンデンサに残った電荷が原因で回路の挙動がおかしくなってしまうことがある。
その場合でも15分以上放置すればコンデンサの電荷もほとんど抜けるから、回路的には「空っぽの状態」で起動できることになる。

余談だがCATVの単体モデムは、直下に接続されたPCやルーターなどのMACアドレスをメモリに記憶して、そのアドレスに対して通信を行うようになっていて、直下の機器を交換する場合単につなぎ替えただけではメモリ上のMACアドレスと食い違うため機器の通信ができなくなる。こういうときは一度モデムの電源を切ってメモリをクリアにする作業が必要になり、通常のモデムは1分程度の電源断でクリアできるが、ある特定のモデムでは30分以上放置しないとメモリをクリアできないことがある。

  • 質問者

    zod********さん

    2018/10/1321:45:37

    そうだったのですね…!以前玩具の基盤でバッテリーを抜いた後にボタンを押すと、一瞬だけ光るのを見たことがあったので、納得しました。コンデンサについて軽く検索しましたが、役割がよくわかりました。

    CATVモデムの追加情報を教えて頂きありがとうございます!非常に興味深い内容です。繋がらない時は理由がわからず困ってしまいますが、こういう事情がわかると調べ甲斐がありますね。

    前回の質問に引き続きお答えいただきありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/10/16 19:06:50

皆様ご回答頂きありがとうございました!どのご回答もわかりやすかったのですが、一番気になっていた部分を教えて頂いた方をベストアンサーとさせて頂きます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sta********さん

2018/10/1309:29:55

NTT局舎内にあるプロバイダのアクセスポイントって、同じ地域でも複数あります。

プロバイダによるんですが、切ってすぐにつなげると同じアクセスポイントに接続します。

それでロングリブートを行うと、今度はこれもプロバイダによって異なるんですが、アクセスポイントの中で一番空いているアクセスポイントに接続します。ですので一時的な速度改善にはなります。

ですが、あとから接続してくる人も同じアクセスポイントに接続してきますから、徐々に速度遅延が大きくなってきます。

抜本的な対策としてはIPv4overIPv6(MAP-EとかDS-Lite)をお勧めします。いま巷で「IPoE接続方式」というやつですが、これは本当は間違いで正式にはIPv4overIPv6です。IPv6をIPoEで接続するだけの方式もあり、この場合はIPv4は現状のPPPoE接続方式になりますから速度遅延解消にはなりません。ルーターメーカーさんなんとかしてくれないかなぁ。誤解する人が多くて困る。

まぁ、IPv4overIPv6はプレステとかネトゲに支障がでるのでゲーマーの人には使えないですけど・・・

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる