ここから本文です

高速道路はタダにする約束だったのですか。 たしか高速道路はすべて国道で特約...

rit********さん

2018/10/1321:03:22

高速道路はタダにする約束だったのですか。

たしか高速道路はすべて国道で特約みたいなのをくっつけて料金を取っているという事のようです。

国道ならばおカネを取ってはいけないという法律があり、それに反しますので。
初めは、タダにする約束だったのでしょうか。

ガソリンの税金の話と似ているのでしょうか。
ガソリン税は暫定税率が、そのまんまの状態になっていますね。

閲覧数:
63
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gla********さん

2018/10/1421:35:57

特別法は一般法より優先されるため、特別法をこしらえたら一般法に反することがいくらでもできます。法律というものは抜け穴だらけなのです。

そして、休日定額制度(休日のETC車のみどこまで走っても1,000円)が大渋滞・公共交通の減便や廃止・大赤字などで事実上失敗に終わったことを知っている政府が無料化に舵を切ることはもはやあり得ません。したとしても料金所の維持費すらまかなえないような地方の閑散路線を無料化するのが限度でしょう。
また、高速道路は事実上「高速道路会社の私道」ですからその点からも今更無償化は不可能に近いです。

質問した人からのコメント

2018/10/14 22:00:26

みなさんありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

den********さん

2018/10/1412:20:55

国道(高速自動車国道も含む)は、基本的に国の税金で建設されます。しかし、税金だけでは建設資金が不足する場合に、銀行などから資金を借受けて完成させます。
完成後は、その借金に相当する額を利用者に払ってもらうのが通行料金制度です。本当は、一定期間通行料金が集まれば、充分返済が可能であり、【完成から30~50年後には無料解放が可能なはず】でした。

東名高速など【かなり以前に開通した路線は、当初の法令上はとっくに無料解放されているはず】なのです。
しかし、実際にはそうはなっていません。

それは、法律自体を改正(改悪?)して、既存の高速道路料金を新規に建設する高速道路の建設資金(借金)に当てられる事にしたからです。
これにより、高速道路は延々に作り、借金はいつまでたっても減らないのて、通行料金も事実上いつまでたっても廃止されません。

国道ならばおカネを取ってはいけないという法律があり・・・?
何という法律名でしょう。聞いたことがありません。
一般国道でも、通行料金を徴収している路線が存在します。

tgv********さん

2018/10/1403:43:05

法律でも、例外や補則事項で抜け道になります。

max********さん

2018/10/1323:44:29

始めは数年前に、平日だったか、週末だったか、試し料金1000円にしただろ。
ただ、やっただけ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる