ここから本文です

キリスト教って4世紀頃の創作だったのですか? 下記の記事はそれに反論していま...

sal********さん

2018/10/1523:03:16

キリスト教って4世紀頃の創作だったのですか?

下記の記事はそれに反論していますが、いわゆる12使徒は西暦65年までには殉教したことになっており、そのあとを継いだ人の記録はなく、カトリ

ック教会の設立は4世紀だそうなので、どう見てもキリスト教が4世紀の創作と考える方が自然です。

https://plaza.rakuten.co.jp/mana9/diary/201609060000/?scid=wi_blg_amp_diary_next

また、自己犠牲の精神も、キリスト誕生の500年ほど前とされる、仏陀の教えのパクリです。

なにか重要な見落としがあるのでしょうか?

閲覧数:
101
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dol********さん

2018/10/1607:51:05

新約聖書の成立は4世紀ごろでしょうが、マルコ、マタイ、ルカ、ヨハネなどの福音書はもっと古く、70年ごろから2世紀の前半です。
マルコがAC70年代、
マタイが70年~100年ごろ成立
ルカが80年~100年ごろ成立。
ヨハネが90年~110年ごろ成立

それでも、仏教より500年ほど後です。


モーゼ5書が出来上がったのが紀元前400年ごろだそうですなから、仏教の経典の成立と同時代です。


紀元前250年ごろエジプトのアレキサンドリアにはアショカ王が仏教の僧侶を派遣しています。

ユダヤ教の中で、少数グループであるエッセネ派がこのころ現れます。またテラぺウタイという仏教のサンガにそっくりな教団がエジプトにあったそうです。


さらに、コヘレト 伝道の書が紀元前200年頃で、仏教がオリエント社会に伝道されたのが、紀元前250年頃で、複数の学者がコヘレト に仏教からの影響を認めています。




イエスの言葉が原始仏教に酷似していることも多くの人が指摘しています。



コヘレト 経由で似ているのか、新約聖書の作者が仏教を知っていてイエスの口に入れたのか、その辺は諸説あります。

よく指摘されるのは、ルカの作者は仏教を知っていただろうと云うことです。

仏教神話とキリスト神話

新約聖書より五百年ほど古いスッタニパータのアシタ仙人の話とルカのシメオン仙人の話も酷似しています。



スッタニパタ 悪魔との対話も イエスと悪魔の試見に酷似している
情念や煩悩を制した聖人であることの表明でしょう。

ブッダは、49日間悪魔の誘惑にも負けずに修行し、悟りを開いた。その6世紀後のAD26年、イエスは荒野で40日間、悪魔の誘惑に負けず、断食修行をやりとげる

ーー


コヘレトは仏教の影響で生まれたという説もある。

ディロンというインド・イラン系の学者は、コヘレトに表された思想に通じるのは、世界の宗教では、仏教以外にありえないとして、この書の作者にアショカ王 による仏教布教の影響を見ようとした。当時仏教の影響が、パレスチナにまで及んでいたのはありうることである。

日本のキリスト教神学者 木田献一氏も、コヘレトの虚無主義には仏教思想の影響があったのではないかと認めています。イギリスで出版された旧約聖書の「コヘレトの言葉」の注解書で、ア ショーカ王が、紀元前3世紀に、パレスチナのアンティオキアとプトレマイオス朝のアレクサンドリアに伝道のために僧侶たちを派遣したこと、したがって、紀 元前200年頃に、すでにエルサレムでも仏教が知られていたはずだということを、ディロンという学者が述べている〔Barton, George Aaron. A Critical and Exegetical Commentary on The Book of Ecclesiastes. The International Critical Commentary. Edinburgh, T&T Clark,1912.〕。

『本 来のイエス:キリスト教の仏教起源』(1995年)と題したこの本〔Gruber, Elmar R. & Kersten Hoger. The Original Jesus: The Buddhist Sources of Christianity. Element, 1995. 現在この本は日本語に訳されて出版されています〕。ドイツとウィーンの若手の学者が二人で共同で書いています。読んでみますと、福音書のイエス様の教え は、仏教思想がその下敷きになっている

グ ノーシス研究で日本でも知られているアメリカの著名な女性の学者、エレーヌ・ペイゲルズという人が、『グノーシスの福音』という本の中で〔Pagels, Elaine. The Gnostic Gospels. Penguin Books, 1979.〕、南インドで、仏教がトマス派のキリスト教と出合ったこと、その後何代にもわたって、仏教の僧侶が、エジプトのアレクサンドリアで伝道を行 なっていたことが述べてある。

歴史家のジョージ・スタンリーは彼の著書『The Origin of Pagan Idolatry Ascertained from Historical Testimony』において以下のように述べている。

イエスとブッダの間には強い類似点があり、ただの偶然としてはあり得ない
ブルクハルト・シェーラーは以下のように述べた:

[…]福音書に対する仏教の強い影響に注意することが重要である[…]数百年以上前から、仏教の福音書に対する影響が知られ、両宗教の学者によって認められてきた。

彼はジョン・ダンカン・マーティン・デレットの研究『The Bible and the Buddhist』[18]の結論に同意し、「私は多くの仏教説話が福音書に含まれていることを確信したと書いている。



2..湖を歩いたとする記事
3..嵐を治めた記事
ブッタやクリシュナも水の上を歩いたそうです。

質問した人からのコメント

2018/10/16 09:52:37

モーセはもっと古いのかと思っていましたが、そうでもないのですね。

マルコ、マタイ、ルカ、ヨハネなどの福音書の年代や、本当に「使徒」だったのかについては疑問がありますが、それ以外は納得できました。

具体的な数字、人名、資料を示して説明していただき、ありがとうございました。
とても合理的な解釈だと思いました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

地の塩さん

2018/10/1609:52:08

あなたの説に従うと、例えば『古事記』なんか室町時代に偽造されたということになりますね(現存する最古の写本は室町時代に筆写されたもの)

ブッダの教えがああたら言ってますけど、例えば『法華経』なんかも、サンスクリット原文の最古の写本は、筆写年代は聖書のそれよりずっと後代です。

プラトン、アリストテレス、ホメロスなど、名だたるギリシャの哲人・詩人の著作物なども、すべて中世以降に偽造されたものということになります(聖書ほど信頼できる古代写本がない)。

でもほとんどの人はそんな疑いは抱かず、『ソクラテスの弁明』が前4世紀の哲学者プラトンの著作だと信じて疑いません。

なんで聖書に限って、4世紀以前の確かな写本が見つかっていないとされていることを理由に「新約聖書は4世紀に偽造されたもの」などと言う人がいるんでしょうかね?笑

pla********さん

2018/10/1609:09:58

それはないですね。

a15********さん

2018/10/1607:04:10

最大の見落としは、自分でまず調べようとしないこと。聖書も読んだことないだろう。

1.引用する資料は必ず「一次資料」に当たらないといけない。今回の場合は、インターネットの記事ではなく、質問者自身がブルトマンの著作を自分で読んでからでないと話にならない。ブルトマンは教会生活をしているクリスチャンの間では人気があるわけではないので、ブルトマンについての質問もまともな答えは期待しないほうがいい。

2.325年以前のキリスト教思想の研究は、完全にアカデミックな世界で、文献資料は基本的に英語になる。もっと知りたかったらそれなりの大学へ行かないとダメ。

3.仏教の影響も門外漢のにわかの間ではよく言われることだけど、まともな学者がそう主張したと言うのなら名前と著書を挙げてみて。だいたい、ブッダ自身は著作を残していないし、紀元前の仏教思想はどういうものだったかをはっきりさせて、それがどのような形で伝播したかを証明しないといけない。「なんかの言い回しが似ているから」ではダメ。普通は旧約の著者も新約の著者もユダヤ的な思想背景の持ち主であったと信じられている。

4.聖書やキリスト教創作説も割とありがちな質問だけど、その説(文書仮説も含めて)は、演劇の「神様落ち(デウス・エクス・マキナ)」と同じ安直な解決法という批判がある。

もし聖書が架空の話なら、一つの架空の国の文化、言語、歴史を数千年分作るだけでなく、パレスチナの気候風土や地形、周辺国の歴史、医学、法律を熟知してないとならず人間業を超えている。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

徳蘭さん

2018/10/1605:31:14

リンクが切れていてお説がわからないのですが、キリスト教史では聖書の聖霊降臨(ペンテコステ)のエピソードを教会の誕生とし、初代教会が生まれます。
それまではイエスご自身はユダヤ教でしたから、キリスト教はユダヤ教から派生したことになります。

4世紀に成立したのはローマ・カトリック教会で、天国の鍵を受けたペトロの墓の上に大聖堂を建設してバチカン市国ができました。
それまでの300年弱は、使徒や弟子の後継者が聖餐式を「記念として」行っていたはずです。

長崎の隠れキリシタンは、指導者なく400年信仰を守り伝承してきました。迫害中でしたからすべて口伝で記録は残されていません。
キリスト教の成立当時も、読み書きができ記録が存在したとしても、一部の学者などしか判別できなかったものと思います。今の教育水準で当時を考えると穴だらけになりますよ。

ところで仏陀が自己犠牲を説いているのですか?
キリスト教では三浦綾子さんの実話を基にした小説「塩狩峠」で触れていますが、元は日本基督教団の月刊雑誌『信徒の友』の連載だったもので、キリスト教がかなり好意的に描かれています。自己犠牲は、ここでちらついていますが、カトリックだと殉職とするでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

h0q********さん

2018/10/1601:50:50

新約聖書について書きます。

現代の範囲に固まったのが、397年のカルタゴでの宗教会議です。
しかし、それは西側(ローマ・カトリック教会)内でのことであり、
東方正教会では、例えば、「ヨハネの黙示禄」を正典として
認めるかどうかという議論は10世紀ごろまで続いています。

AD185年頃のリヨンのイレナエウスの記録によると、
「フィレモンの手紙」、「ヨハネの第三の手紙」、「ユダの手紙」、
「ヤコブの手紙」、「ヘブル人への手紙」、は含まれておらず、
「ヘルマスの牧者」が正典に含まれています。

同時代のカルタゴのテルトリアヌスに記録によれば、
「ヨハネの第二の手紙」「ヨハネの第三の手紙」、「ヤコブの手紙」
「ヘブル人への手紙」、「ペテロの第二の手紙」は含まれておらず、
「ヘルマスの牧者」が含まれていますが、晩年、彼は、
これを正典から外しています。

ほぼ同時代の資料と考えられているムラトリア断片には、
「ヤコブの手紙」、「ヘブル人への手紙」は含まれておらず、
「ペテロの黙示禄」が含まれています。

AD190年頃のアレキサンドリアのクレメントの記録によれば、
「ヘルマスの牧者」、「ペテロの黙示禄」、
「クレメントのコリント人への手紙」、「バルナバスの手紙」、
「ペテロの説教」、「使徒たちの教え」、などが含まれてます。

AD250年頃のアレキサンドリアのオリゲネスの記録によれば、
「ヘルマスの牧者」、「バルナバスの手紙」が含まれてます。

AD300年頃のクレアモント写本の記録によれば、
「ヘルマスの牧者」、「バルナバスの手紙」、「パウロの活動」、
「ペテロの黙示禄」が含まれています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる