ここから本文です

LSDのチャタリング音についてですが いろいろなところを見るとデフオイルが温...

nin********さん

2018/10/1815:53:07

LSDのチャタリング音についてですが
いろいろなところを見るとデフオイルが温まると発生しやすくなると書いてあるのですが
私の場合5分ほど走って温まってくるとチャタリングが完全に消えます

どちらが正しい反応なのでしょうか?
クスコRSspec-f 1.5way
デフオイルはクスコの80w-90
まだ慣らしの最中です

閲覧数:
150
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

str********さん

2018/10/1819:36:03

どちらも正解です。というのもチャタリングは複合的な要素で生じる事もあるため必ずしも温まったから生じるとは言えません。
例えばしばらく走って治まるケースとしては粘度の関与がありえます。クラッチとプレート間のオイルの出入りがスムーズに行われるかどうか、これは低温時はオイルの粘度が高いため必ずしもスムーズとは言えません。そこで走行して油温が上がりますと粘度が下がり、オイルの出入りがある程度スムーズになり治まる、というのはありえます。
慣らしが終わっていないとの事でコレから治まってくる可能性はあります。

質問した人からのコメント

2018/10/23 11:10:55

大変参考になりました
しばらく様子見していいオイル探してみます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる