ここから本文です

空道と日本拳法ってどっちが先にできましたか?

アバター

ID非公開さん

2018/10/2108:31:40

空道と日本拳法ってどっちが先にできましたか?

違いがわからないんですけど

閲覧数:
145
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

miy********さん

2018/10/2113:49:47

私が以前に読んだ格闘技の専門誌の記憶なので、間違っていたらごめんなさい。

日本拳法は澤山氏という伝統派空手と柔道を学んでいた人が創始者。

剣道の防具をベースに改良した防具を身につけて、打撃はローキック無し、投げ有り、寝技は関節技は無し。(倒れた相手への蹴り、突きはOK。ただしライト)関節技も立ち関節のみ。

グローブもボクシングのような厚みのある物、腹部を守る胴当て、足首に短めのレガースを着用。グローブがでかいので投げは柔道的な感じではない。

剣道・伝統派空手みたいに基本的には一本を取り合うルール。ダメージによるKOとかを狙う訳ではない。もちろんKOもあるがそれほどない。


空道(大道塾)は元極真の全日本王者・東孝氏が創始者。柔道の経験者でもある。

防具は頭部を守るスーパーセーフと薄手のオープンフィンガーグローブのみ。

打撃はほぼ何でも有り(体重差があれば金的も有りだったような)、投げ、寝技(関節技も有り)。

投げは柔道のように道着を掴んで投げる技が多い。寝技は数秒で関節技は投げからスムーズ入る物でなければ有効とならない。

勝敗は極真と同じくKOを狙うダメージ重視のもの。効かせたり、倒す、関節でギブを取れば技あり・一本。

こんな感じだったような。空道の方が技術的にできる範囲が広いと思います。

できたのは圧倒的に日本拳法、昭和初期だと思います。

空道はまだ創始者がご存命なので新しい格闘技です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cro********さん

2018/10/2108:53:56

日本拳法が戦前、空道が戦後にできたがわかりすいです。

防具については日本拳法は剣道の防具を改造したもので胴があります。
空道は硬式空手などの防具空手が使いだしたポリカーボネートという透明の樹脂で顔面防具を作ります。

ルール的には空道は後発である事と創始者が生きているためルールの変更が行いやすく、総合格闘技の影響をかなり受けています。

参考になれば幸いです。

あわせて知りたい

このカテゴリの回答受付中の質問

一覧を見る

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる