ここから本文です

ステロイド薬はどこか恐ろしいイメージがありますが・・・ 深刻な副作用はある...

cgs********さん

2018/10/2110:50:21

ステロイド薬はどこか恐ろしいイメージがありますが・・・

深刻な副作用はあるのでしょうか?

閲覧数:
62
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kdl********さん

2018/10/2111:16:06

あくまでも「イメージ」ですよ。
ただし、使い方を間違えれば、不具合が大きくなることも事実です。

というのも、副作用というのは、主作用ではないものを全て副作用です。
その正しい定義を知っておいてください。

その上で、ステロイドには、色々な「作用」があります。
よく利用する作用を箇条書きにすると
・免疫抑制作用
・抗炎症作用
・意欲(食欲)増進作用
・血糖上昇作用
等です。

例えば、
膠原病には免疫抑制作用を期待して、
喘息やアトピー性皮膚炎には抗炎症作用を期待して、
抗がん剤などの化学療法時には意欲増進作用を期待して、
低血糖の時には血糖上昇作用を期待して、
ステロイドを使用します。
(投与方法や量、種類などは様々ですが)
これらの「期待している作用=主作用」以外は、その時々において、副作用となります。

言い換えると、
・免疫抑制作用→風邪などにかかりやすくなる
・抗炎症作用→熱が出ないので病気が見逃されやすくなる
・意欲(食欲)増進作用→食欲が増すので食べ過ぎやすくなり、場合によっては意欲が増進し過ぎで走り回って叫び出す(精神的躁状態に)
・血糖上昇作用→糖尿病が発症する、糖尿病が悪化しやすくなる
といった副作用として、「作用」が認知されることに。

ステロイドは、いろんなことに効く「作用」を持っているので、逆に言えば主作用以外の作用、つまり副作用も必然的に多くなります。
そのためにステロイド=副作用が多いというイメージが広まったのだと思われます。

個人的には、「ステロイド=色々な疾患で使える万能薬」というイメージが本当は正しい評価だと思いますが…

最後に、
本当に怖い副作用(?)というか、気を付けなくてはいけないことは、長期間ステロイドを内服している人がいきなり投薬を止めることです。
最初にも指摘したように、正しく使えば、このようなことにはなりません。

長くなりましたが、ご参考になれば、幸いです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる