ここから本文です

ラジアル?Sタイヤ?

y2z********さん

2018/10/2612:06:29

ラジアル?Sタイヤ?

ここ数年、メーカーがラジアルタイヤ
の括りで、リリースしてる、β、A052 , RE-12Detc...

各所から、強烈なグリップなのは、漏れ伝わってくるんですが、
言い分はそれとして、実質Sタイヤってわけでもないんですかね!?

ハイグリップより更に、大幅に短いライフ
ウェットに激弱
冷えてると、使えない

こんな感じはないんでしょうか?
真実を知りたい!

閲覧数:
78
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuu********さん

2018/11/101:46:57

近年ラジアルタイヤのナンバー付き車両でのワンメイクレースが盛んです。

レースではタイヤが冷えてる1周目からタイムが出る事が非常に重要なので、各社こぞって柔らかいタイヤを出して来てます。

特にクムホ等海外勢が市販ラジアルの域を超えたようなライフ無視のタイヤで上位を独占し始めた為に、日本企業もワンメイク専用のようなSタイヤギリ手前の物を出して対抗してる訳です。

一つには海外ではSタイヤと言うレース用タイヤと市販ラジアルの中間のような曖昧な位置付けの物が無いそうで、日本独特らしいです。

ハイグリップより更に、大幅に短いライフ
ウェットにも強い(排水性は一般タイヤより落ちるがグリップは出る)
冷えても一発目からグリップします。(ピークはこないがそれなりに)

趣味のタイムアタックではほとんどの人が、きちんとタイヤを暖めてからアタックに入ります。
しかしレースを見越した練習では、コースイン直後のタイヤが冷えてる状態から全開で走る練習をします。もちろんめっちゃ滑るので、鈴鹿なら130R等高速コーナーが勇気いります。

  • 質問者

    y2z********さん

    2018/11/104:02:57

    そこまでいくなら、例えば Sタイヤのソフトコンパウンドと、何が違うのか?同じでは?と思っちゃうんですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/11/1 21:09:25

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

boo********さん

2018/10/2612:54:26

Sタイヤではありません。
言ってしまえば超ハイグリップラジアルタイヤで、ハイグリップタイヤとSタイヤの中間的な立ち位置のハイグリップタイヤ。

流れとしてはファルケンでアゼニスがストリート向けとスポーツ走行を目的とした2モデルを販売した事から始まった様な物。
BSや横浜はハイグリップタイヤとして他のメーカーよりグリップ力の高いタイヤを販売していましたが、他のメーカーはハイグリップとは言っても両メーカーよりグリップ力が劣る。
同時期あたりにミシュランのパイロットスポーツでもありましたが⋯
その後はTOYOでR1R、フェデラルが595RSと出して現在の流れでしょうか。

スポーツ走行をするユーザーにとっては金や腕があるならSタイヤと言った流れもありますが、スポーツ走行でも競技となればSタイヤ禁止クラスもあるため勝つためにはユーザーの選択肢が少なかったのも事実。
そしてレギュレーション上でも超ハイグリップタイヤはSタイヤではないと言った判断もされたため、BSと横浜以外のメーカーは少しでも両社に近づいたりユーザーの選択肢を増やそうと言った形では無いですかね。


一般的なスポーツラジアルよりは寿命は短いですし、ウェットグリップはSタイヤとラジアルの美味し所取りの部分はあっても、使用条件によってはウェット性能は劣ります。
Sタイヤではなくともハイグリップラジアルもある程度の発熱した時がグリップ力が高まる物ですから、冷えていて全く使えない訳ではありませんが温めた方が良い物。

ジムカーナなんてSタイヤ禁止クラスが多いですから、超ハイグリップタイヤを使用する方は多いですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる