ここから本文です

慢性膵炎について。 4年前にストレスから十二指腸潰瘍発症。その後も胃腸の不調...

kok********さん

2018/10/2711:57:01

慢性膵炎について。

4年前にストレスから十二指腸潰瘍発症。その後も胃腸の不調が続き、逆流性食道炎と機能性ディスペプシアとの診断を受けました。

胃酸を抑える薬。胃腸を動かす薬。を

処方され少しずつ処方は和らいでいきました。しかし、体重が78kgから60kgに減少。自分でも不安になり、医師に膵臓等からきている病気ではと相談。

医師から提携している、レントゲン等の専門病院。CT等の機械がある総合病院を紹介され、データが届いた状況で膵臓にそこまで問題ないが、機能が弱いのでリパクレオンを処方されました。

それから徐々に体重も増え、飲食も普通にでき、生活や仕事も普通におくれるようになりました。

今年の春に、かなりの種類の薬を飲んでいるので徐々に減らしたい旨の相談。胃酸を抑える薬。胃腸を動かす薬。のみになりました。

夏になり、胃のもたれ、胸焼け、喉のつまり感等の症状が出ました。慌てて医師に相談。薬を戻しましたが良くならず、転居も重なり、新居の近くの病院に通い出しました。

そこの先生から、薬を見直そうと、胃酸を抑える薬。胃腸を動かす薬。胃酸を中和する薬。漢方薬。が処方されました。

膵臓補助のリパクレオンは、大げさ過ぎると言われ処方はなくなりました。

膵臓も心配とはなし、血液検査。エコー検査は受けましたが大丈夫だと言われました。

それから、約3ヶ月。症状は良くならず、喉のつまり。胃腸のもたれ、むかつき。胸焼け。胃酸の逆流。等の症状が続きました。

1週間程前からは、みぞおち辺りが刺すような痛み。寝ていると重力に内蔵が負けてるように押されてるような感じになりました。

最初に通院していた病院に、時間をかけて再び行きました。引っ越しして近くの病院に通院していた事。処方薬の内容。症状。他の病院に浮気のような通院をしてしまい申し訳なかった事を話しました。

大丈夫ですよ。とは先生は話してましたが目は笑ってませんでした。

この病院の処方薬等は、概ね間違ってないが見落としがある。あなたは、膵臓が悪い。慢性膵炎になってるんだから。とサラッと言われました。

4年通い、検査も色々受けて、大丈夫と言われていたのに、慢性膵炎だと今更言われました。

調べてみると、難病。食事制限や断酒等が必須との事。食事もアルコールも症状が落ち着けば普通にして良いと言われていたので、普通に過ごしてきました。

何故、今まで話してくれなかったか疑問です。では、再び先生の所に通い診察、治療、指導を受けたいと話しましたが、他の病院で受けた、診察内容や所見、データ等を持ってくる事が条件と言われました。

長々なりましたが、今通っている病院に全てを話してデータを下さいと言うのも今の先生に、そっぽ向かれてしまうような気がします。相談して、今の先生から慢性膵炎ではないよと言われても他の先生は慢性膵炎と言っているので、どちらを信用して良いのか。

大きな病院を受診したいのですが、今まで紹介状を書くからや、大きな病院行った方が良い等と言われた事がありません。

どのように、正確な診断を受けたらよいのでしょうか。どこに行ったら正確な診断を受けられるのでしょうか。また、膵臓が悪いとなると絶望的です。

胃腸のもたれ、むかつき。胸焼け。お腹のはり。喉のつまり感。げっぷ。みぞおち下が固くなっています。

ここ数週間で、みぞおち辺りが刺すような痛み。みぞおちの左側も痛み。背中の左側にも痛みがあります。

やはり膵臓が悪いのでしょうか。悩んでいます。

閲覧数:
879
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kk5********さん

2018/10/2715:34:10

やっぱりディスペプシア、胃食道逆流症はストレスや横隔膜の衰え等で治らないで苦しんでいる人がたくさんいます。基本は糖分を控えて、横隔膜を簡単な腹式呼吸で、胃、食道が下に下がらないように鍛えてカバーしていくしかないみたいです。十二指腸に潰瘍がある場合は、膵臓から大きく分けますと、インスリン、リパーゼ、アミラーゼ等4種類の消化酵素が分泌されています。その内のリパーゼは、また、数種類の消化酵素を分泌していて、臓器も溶かすきつい消化酵素を分泌しています。その時に十二指腸はバリアの粘膜を張って、十二指腸の壁を保護しますけど、潰瘍があるとバリアと壁の隙間からリパーゼから分泌された消化酵素が、十二指腸のバリアとの隙間に入り込み痛みがあると思います。胃酸が胃から食道に入り込み、食道の壁が荒れる感じになる感じになるみたいです。ですから膵臓は見えないし、わかりにくい精密工場みたいに、いろいろな事をしている臓器ですし、十二指腸もバリアを張ったりいろいろな事をしている臓器になります。やっぱりストレスを無くし、糖分を控えて、消化のいい食事をして、ゆっくり噛んで食事して、横隔膜を腹式呼吸で鍛えてカバーしていくしかないですね。がん患者さんより食べる物が少なく大変ですけど頑張ってくださいね。あと胃酸を抑える薬の怖い副作用は、難病の大腸炎ですので、予防にミヤBM錠は必ず一緒に飲んだ方がいいですよ。

  • 質問者

    kok********さん

    2018/10/2716:36:49

    ご回答有り難う御座います。

    やはり、膵臓が悪いのですかね。

    胃酸を抑える薬は、何も調べずに出されるがまま飲んでいましたが、ご指摘の通りで腸内感染のリスク等が高まると知りました。何故、医師はリスクを軽減する薬の処方やPPIからH2ブロッカー等に切り替えずに漫然とした処方をしてきたのか、今になって疑問です。

    ベストアンサーにさせていただきたいのですか、もう少し情報がいただけるか、期限まで待たせていただきます。

    有り難う御座います。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kok********さん

2018/10/2812:08:18

漢方薬

柴胡桂枝湯 (さいこけいしとう)

医療用漢方薬の保険適用項目からのコピーです。


効能

【ツムラ】

発熱汗出て、悪寒し、身体痛み、頭痛、はきけのあるものの次の諸症//感冒・流感・肺炎・肺結核などの熱性疾患、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胆のう炎・胆石・肝機能障害・膵臓炎などの心下部緊張疼痛。

【クラシエ・他】

多くは腹痛を伴う胃腸炎、微熱・寒け・頭痛・はき気などのある感冒、風邪の後期の症状。

【コタロー】

自然発汗があって、微熱、悪寒し、胸や脇腹に圧迫感があり、頭痛、関節痛があるもの、あるいは胃痛、胸痛、悪心、腹痛が激しく食欲減退などを伴うもの。

感冒、肋膜炎。

【三和】

自然発汗があって微熱、悪感がし、胸や脇腹に圧迫感があり、頭痛、関節痛、食欲不振、下痢、悪心などを伴うものの次の諸症。

感冒、胃痛、腹痛、神経痛、胆嚢炎、胃酸過多症。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる