ここから本文です

江戸時代初期の落語〜上方出身と言われる草分け的存在の岡本万作の咄は船場訛りと...

mor********さん

2018/11/121:56:34

江戸時代初期の落語〜上方出身と言われる草分け的存在の岡本万作の咄は船場訛りとか言われるような上方弁で語っていたのだろうか?後の三笑亭可楽あたりはもう江戸弁だったろうとは推測しますが?

文献等でこのへんの言葉使いなどはっきり記されている物はあるのでしょうか?

閲覧数:
25
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

edo********さん

2018/11/207:51:51

上方落語が江戸に伝わるときに江戸の人にも分かるようにある程度は変化したと思います。上方では変える必要がないのでバリバリの上方弁だったと思います。現在聞いている古典落語の喋り方は江戸に伝わった後のものでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる