ここから本文です

大安の日は、毎年、大安なのですか? たとえば、今日10月13日は大安ですが、来...

rur********さん

2008/10/1305:14:15

大安の日は、毎年、大安なのですか?

たとえば、今日10月13日は大安ですが、来年も、その次もずっと大安なのでしょうか。

わかる方いらっしゃったら、教えてください☆

閲覧数:
5,097
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sar********さん

2008/10/1306:33:58

大安とか仏滅とかを「六曜」といいます。六曜は旧暦を基準として決まりますから、我々が現在使っている新暦とは異なります。

六曜とは「結婚式は大安がよい」、「友引の日には葬式は行わない」、など今日最も使用されている日の吉凶を表す暦註です。六曜とは,先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口のことで、その吉凶は歴史も浅い、全くの迷信です。旧暦を基準にしているのに、江戸時代の暦の暦註にはほとんで記載されておらず、明治になってから使用されました。旧暦でみますと、月・火・水,,の七曜と同じように,日の並びに名前をつけただけですが、新暦になると、その規則性が消えなくなり、神秘的に見えるのかもしれません。計算方法は以下のとおりです。

最初に順番ですが、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の順です。旧暦の月が変わると、その月の1日が何にあたるかが決まっています。ですから、月が変わると、前の月の六曜には影響を受けません。旧暦の最初の日の六曜は以下の通りです。


正月・七月・・・・先勝(せんしょう・せんかち)
二月・八月・・・・友引(ともびき・ゆういん)
三月・九月・・・・先負(せんぶ・せんまけ)
四月・十月・・・・仏滅(ぶつめつ)
五月・十一月・・・大安(たいあん・だいあん)
六月・十二月・・・赤口(しゃっく・しゃっこう)


うるう月の場合は直前の月と同じ月の六曜から始まります。
また、旧暦の月と日をたして、6で割った数値の余りの数でも六曜がわかります。


先勝・・・2
友引・・・3
先負・・・4
仏滅・・・5
大安・・・0
赤口・・・1

要するに、旧暦では毎年同月同日は同じ六曜ですが、新暦では必ずしも一致しません。

因みに、今日10月13日は旧暦では9月15日で大安です。
来年の10月13日は旧暦で8月25日で友引です。

質問した人からのコメント

2008/10/18 00:24:12

成功 ご丁寧な回答、ありがとうございました!スッキリしました☆(*^^*)

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる