ここから本文です

黒田総裁の常套句は…「ETFの買い入れについて現状、大きな問題が生じているとは考...

mor********さん

2018/11/210:21:04

黒田総裁の常套句は…「ETFの買い入れについて現状、大きな問題が生じているとは考えておりません」これは異常ではないのか?

日銀のETF保有残高は今年3月末時点で24兆円(時価ベース)で、ETF全体の7割以上を買い占めた格好になっている。国内で発行されるETFは12年末時点の4兆円強が18年春に32兆円超に膨らんでいる。まるで日銀にどんどん買ってもらうために新たなETFが続々と組まれている。
東証1部の時価総額に占める日銀の保有割合は4%前後。このシェアがまだ小さいと語るのも黒田総裁の常套句だが、問題は今のシェアではなく、景気指標が改善する間に買い入れを拡大させた揚げ句、それを減らしたり止めたりすることができず、シェアがゆっくりと着実に膨張を続けている。
中央銀行が日本株を買い支え続けるのは狂気の沙汰だ。

閲覧数:
56
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kit********さん

2018/11/210:28:57

今は世界的に好況が続いているからそう言えるのです。アメリカは利上げでブロック化で好調さに陰りが出ています。来年は一転すると考えるエコノミストが増えました。今のうちに出口戦略を作らないと「大きな問題」が生じるでしょう。皆さんの年金も半減するかも知れません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる