ここから本文です

過払い金請求についての質問です。 知り合いに聞かれまして… 過去の私が経験し...

tok********さん

2018/11/313:39:36

過払い金請求についての質問です。

知り合いに聞かれまして…
過去の私が経験していない事と安易ではございますが知恵袋を思いだしまして質問させて頂きます。
時効の事です。

分断のない取引にて最終取引から10年と当時は記憶しています。
ですから知人の請求は10年を経過していないので請求できますよね?(法律が変わったならば教えてください。)
しかし、知人曰く、10年経過していなくて請求しその点の時効は成立しなくても履歴を請求したのが先月で2年経過してるので民事裁判の知り得てから2年以内に引っ掛かり最終的に時効にされてしまうのでは?と質問されました。
私は知り得てから2年で請求しないと民事裁判にはあるのかと思いまして…
取り急ぎで質問させて頂きました。

これは知り得てから2年に引っ掛かかる(相手の主張)事になるのでしょうか?

閲覧数:
52
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jim********さん

2018/11/405:38:08

不当利得は、知り得てから2年で消滅時効が成立するなどという法律は民法にはありません。

仮にあったと仮定した場合でも(実際にはありませんが)、取引履歴に正直に過払い金がある事が書かれていて、その金額も明記されているというのなら、確かに知っていたことになりますが、業者は過払い金は無いという前提で約定利息のままの取引履歴書を送ってきているはずです。

また仮に過払い金の存在を認めるような内容であったとしても、悪意の受益者が支払うべき過払い後の利息については、業者は悪意の受益者では無かったという立場で、法的に間違った過払い金額が書かれているはずです。

つまり、法律に詳しくないしろうとが、取引履歴書をみて、過払い金の存在に気づかなかったとしても全く不自然ではないのですから、取引履歴書を受け取ってもなお、知り得なかったという主張は可能です。つまり、知り得た時とは、まさに今回請求したときだと言えます。

もし仮に過払い金の存在を2年前に業者自ら認めていたとしたら、消滅時効は、むしろそこから10年に伸びたことを意味します。

質問した人からのコメント

2018/11/10 00:55:59

有難う御座います。
その旨を伝えます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる