ここから本文です

滑り台の降り口 封鎖親子 行儀が悪過ぎる件 ☆長文です☆ 年少組の子どもを...

アバター

ID非公開さん

2018/11/323:38:01

滑り台の降り口 封鎖親子 行儀が悪過ぎる件


☆長文です☆

年少組の子どもを連れて
土日中心にて、車で行ける範囲
色んな公園に行きます。

公園は無料の公的施設ですので
利用者の

レベルも様々なのは
ある程度承知していますが、
冒頭の件で2日連続で
全く違う親子から全く別の公園にて
被害に遭ったため、
皆様、特に首都圏とその近郊の方に
ご自身の体験をお聞かせ頂ければ幸いです。


縄を編んで輪っかにして縦にした中を
垂直によじ登ったりよじ降りる遊具にて。
(上の出入り口と下の出入り口は
床板等が邪魔して、お互いに目視不可)
うちの年少が上の出入り口から降りようと
し始めて、輪っかに入って下を覗き込んだら
床下の方からよそのママさんの声で
『○○、大きい子が降りてくるから一旦
外に出て待ってなさい!』と声が聞こえる。
年少と一緒に居た私が下を覗き込むと、
下の出入り口付近で三歳位の子どもが
もぞもぞしてるのが見える。
私は年少に
『ちっちゃい子が登って来るからあんたが
一旦外に出て待ってなさい』と伝え、
再度下を覗き込んで三歳児に
『どうぞー』と大声で呼び掛け、
続けて床下を覗き込んでママさんにも
『お先にどうぞー』
と伝えたところ、ママさんが
『いえいえどうぞお先にー』と返してくれる。
うちの年少は時間がかかる事を
察してすぐ立ち去るが、三歳児もあまりの
急勾配(直角)に耐えかねて立ち去る。
数十分後、両親子がすれ違う際、
三歳児のママさんはこちらを覚えており
『さっきのうさちゃん(服)の子だー』
と二歳児に声を掛け、
笑顔で会釈し合ってすれ違う。

…同日、上記の出来事があり。
自分的にはこれが普通なのですが。
※上記は滑り台ではないので昇降の優先は
明確でないという条件下。三歳児が先に
いたっぽい事、年少のが年上っぽい事、
降が昇を潰す危険が高い事を考えて
この時はうちの年少を待たせました。


■ケース1

問題は。
その後。
滑り台の降り口に
恐らく二歳児(上記と別の子とパパさん)が
駆け寄って逆流=よじ登りしようとする。
その直後、うちの年少が滑り台の
入り口に駆け寄るが、二歳児に気付き
自主的にぴっと動きを止める。
二歳児のパパさんが二歳児に
『こら、滑り台は昇らない、
あっち(上)に回って滑りなさい』
と注意しながら二歳児の回収に向かうが
抵抗に遭って手間取る。
その間、年少は止まって待ってはいたものの
万一を考え私が
『ちょっと待っててねーストップ』
と制止する。
その後10秒程度を要し、パパさんが
二歳児を降り口から一歩離れた場所まで
移動させる。
それをしっかり確認してから私が年少に
『どうぞー』
と声掛けをしたところ。

チッ

と、私の背後のパパさんから舌打ちが聞こえ。
私はその際、滑っているうちの年少に
視線を集中してたので
『はーっっっあ??』
と思うも目視で確認できず。
こちらはマナー違反して危険にさらされた
二歳児を、ゆっくり待つことで
守ってあげたという認識だったため、
空耳に違いない!!
じゃなきゃあのパパさん基地外じゃん!!!!
と思い直したところ。
パパさんと向かい合う形で滑り降りてきた
年少は私の手を取り
『あっち行こうママ!!』
と。。。
要はそのパパさんが私?年少!?に向かって
極悪顔してやがったということですね。。


■ケース2

本日。
別の公園。
縦の螺旋で、入り口、出口、
互いに見えない滑り台。
出口から逆流する二歳児に
遠くからどきなさいーと声掛けする
ママさんと、二歳児を回収に行く五歳児。
うちの年少がそれに気付かず
入り口に向かったため
『ちょっと待っててー』
と制止させ、
五歳児が二歳児の回収に成功したのを
確認してから、私が年少に
『オッケーどうぞー』
と声を掛けたら、遠くから声だけ
掛けてたそのママさんに極悪顔で睨まれる。
いやいや、本当はあんたがうちの子に
『お待たせしましたどうぞー』
と声掛けすべきだろ、と心の中で
突っ込む。
その後も、私と年少が手を繋いで歩いている前を
二歳と五歳の真ん中っ子の四歳がダッシュで
横切ろうとしたのをうちらが立ち止まって
待ってやってるのに
何故か睨みつけられる。


彼らが
『我が子のルール違反マナー違反を咎める、
いい子ぶった親子よ、立ち去れーシネー』
と思っており態度に丸出しなのは確実なのですが、
まさかまさか、自分らが(狂った自意識で)
正しいと思っている危険もあるかと。

以前も同様の被害があり、
あまりにもひどい状況なので、
もし同様の被害に遭っているという親御さん
いらっしゃったら状況をお聞きしたいなーと。。


☆滑り台の逆流、ダメ、絶対☆
自体を知らない、無知な親が増えている
ということでしょうか??

この質問は、30代に回答をリクエストしました。

閲覧数:
132
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hyo********さん

2018/11/717:34:51

本来、ご質問者様が最初のケースで書かれている縄を編んだ遊具での対応が普通かと思います。お相手はケース1ではお父さんが、ケース2ではお母さんが対応されていたのですね。人気のある公園でよくある風景ですね。 ケース1のお父さんの場合では「子供のせいでなんか悪者になってしまったゼッ!」的なオーラはありませんでしたか? ケース2では「仲よく遊んでいたのになんで中断しなきゃいけないの?」これは五歳児&ニ歳児の心の叫びかな? 勿論、ご質問者様の言われる通り、滑り台は滑るものであって降り口で遊ぶ遊具ではありません。 非常に危険であり、親は自身の子供がそれをしない様に普段から注意すべきです。 但し、子供にしてみたらそれこそ禁断の果実で「あそこで遊んだらさぞや楽しいだろうなぁ?」と思うものです。 ご質問者様の年少のお子さんが滑り台の上に着いた時、降り口ではその様な状況であったかも知れません。 先に遊んでいたのは彼らです。 しかし、滑り台本来の遊び方をしようとしているのは、ご質問者様親子なのです。 ですから危険行為を行っている側のお父さんは慌てて子供を避けさせ、五歳児も二歳児を回収したのです。 決して無知でも逆流ダメ!を知らない訳でもないと思いますよ。 もし、一つアドバイスがあるとするなら、ケース1のお父さん、ケース2の五歳児に向かって「ありがとう!」とご質問者様よりお声がけをするのがよいかと思います。 それでも目くじらを立てて来られる様でしたら、混雑した公園にも拘わらず危険行為が横行している可能性がありますので、その公園とは相性が悪いと考え近寄らない方が良いかと思います。如何でしょうか?

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wwf********さん

2018/11/420:40:56

私は「オッケーどうぞー」が駄目だったとは思いません。我が子に「ちゃんと確認してから滑りなさいよ」「ほら赤ちゃんいてるでしょ」「気を付けてあげてよ」といくら下に出ても敵わない相手だったと思います。

rib********さん

2018/11/400:43:15

舌打ちは聞こえたんでしょうけど、表情まではよくわからないし、一応マナー違反をしたお子様を叱ってはいるわけですから、逆流がだめなことはわかってるのでは。
それに、何で相手方の年齢がわかるんですか?想像ですよね?だとしたら、ちょっと質問車様も思い込みが激しいのかと思いました。

yon********さん

2018/11/400:08:38

まぁまぁ(^◇^;) さすがに舌打ちはどうかと思いますね。睨むのも然り。
まぁでも別の角度からの意見を言うと子どもさん年少なんですよね?
親が口出しせず我が子にどうするか任せるってのも良いですよ。私は我が子にはそうしてます。もちろん側にいてしばらく静観しつつ、さすがに危険だなという時や「こりゃらちがあかないな」って時だけ軽く声はかけたりしますけど。例えば遊具で上からも下からも登ったり降りたりしてくるようなものの場合、どちらかが譲ったり先に行ったりしないといけない。親は「あんたが先に行ったら」とか「あんたが待っときなさい」とか声を掛けがちだけど、子どもに任せて静観していると自分で考えて待っていたり、他の子から「どいて」とか「先に行っていいよ」とか言われてみたり子供同士で声を掛けたりしますよ。滑り台にしてもそう。下でゴモゴモ邪魔になってる子どもがいても、上から滑る子どもはスタート地点でじっと待っていたり。「どいてー」と声を掛けるようになったり。諦めて違う遊具に行ったり。それはそれで子どもが考えて自分で行動してるんだから良いんじゃないかと。滑り台の逆流も絶対ダメという所ばかりではないですよ。基本的にはダメという認識で良いと思いますが、だーれもいない公園とかそういう時だけは逆流オッケーも良いじゃないですか。他に誰かいたらダメと教えて。子どもの世界ではいろんな遊び方があるのであれもダメこれもダメではかわいそうです。マナーが悪い親子はどこにでもいるし、ひどい時には場所を変える。ひとまず子どもに任せて静観など、その時で対応するしかないと思います。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる