ここから本文です

すみません。リクエストさせていただきました。 競馬でディープインパクト産駒や...

もやしギャンさん

2018/11/520:24:34

すみません。リクエストさせていただきました。
競馬でディープインパクト産駒やハービンシャー産駒、キンカメ産駒、ステイゴールド産駒とかありますが、それぞれの遺伝で脚質の特長や競馬場の

向き不向き、距離の適性などがあるのですか?
よろしくお願いします。

閲覧数:
43
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

編集あり2018/11/606:00:48

おはようございます(^_^)

種牡馬にも当然の事ながら個性があります
ディープインパクトであれば芝◎ダート△でスピードと瞬発力に秀でた産駒が多く、距離の適性は1600~2400m
苦手な競馬場は強いて挙げれば函館ですね
これは開催時期が梅雨時に当たり馬場の悪化により力馬場になり易いからでは無いかと思います
力馬場になれば必要なのはスタミナとパワー、ディープ産駒の特徴であるスピード瞬発力が活かせなくなります
また産駒は2歳や3歳の早い時期から能力が完成し、それが古馬まで持続する感じで、古馬になってからの急成長は余り見られません

ハービンジャー産駒の特徴はスピードの持続力、特に洋芝施行である札幌や函館の成績が良いです
中山や阪神、京都でも好成績を挙げていますね
距離適性は少し長目で1800~2400m
ダートには余り適性が無く、道悪もまた苦手とする様です
産駒は総じて2歳や3歳の早い時期から活躍し、古馬になっての成長力はそれほどではありません

キングカメハメハ、は万能種牡馬、コース距離の別無く好成績を修めていて芝でもダートでも道悪でも産駒が活躍しています
距離適性は2000mを中心に短距離も長距離も、それぞれに活躍する産駒が出ています
産駒はどちらかと言えば早熟気味ですが高い能力を示した馬は古馬になっても急に衰える事は無いようです

ステイゴールド、コースについては万能、どの競馬場でも平均して活躍する仔が出ています
距離の適性は長目、1600~2500m以上に距離が延びる程産駒の連対率が上がる傾向があり、はっきりステイヤー種牡馬と言っても良いですね
ダートについては芝ほどには活躍が目立ちませんがこなす仔は多いですね
また良馬場はもちろん道悪になっても活躍する仔が多いです
成長形は晩成型、早い時期から活躍はしますがそれが5歳6歳になっても高い能力を維持している産駒が多いです
スピードとスタミナ、そして瞬発力も持ち合せた仔が多いですよ
但し、時折ステイゴールド自身の特徴であった気性の悪さが産駒に伝わる場合があります
そうなると成績はむらになるし距離も余り持たなくなります

質問した人からのコメント

2018/11/6 12:21:20

回答ありがとうございます!
本当に勉強させていただきました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる