ここから本文です

何故、不当に外国によって占拠されている日本の領土竹島の奪還に動かないのか?

アバター

ID非公開さん

2018/11/614:49:48

何故、不当に外国によって占拠されている日本の領土竹島の奪還に動かないのか?

竹島そのものの財産的価値がない事は明白だが、日本領土の侵犯は寸分と言えども
国民は許さないという強いアッピールを内外に示すことができると同時に、国民の強い妥結心
も涵養されるはずだ。竹島放置は些細な事柄ではない。竹島に対する日本国の対応を見て、
中國が尖閣列島の所有を強く主張し始め、事実一部上陸占拠さえした。
北方領土だって、どうみてもロシアの横暴だが、日本は本気で奪還の意志はないものと、
プーチンは見限っているのだろう。なので、ダラダラと交渉のポーズをとりつつ、実際は
基地化をストップしないのだ。

閲覧数:
114
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bur********さん

2018/11/1019:05:31

例えば今、国内の一部離島が他国に侵略されれば
武力等で奪還するでしょう。
それは明らかに領土侵犯だからです。

しかし竹島も北方領土も国際的にはやはり
日本のものとは認められない事実があります。

なぜなら領土侵犯されたときになにも行動を起こしていない為です。
既に他国が実効支配している事実に対して
行動起こすのは難しいでしょう。

あなたが総理になれば奪還しますか?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nih********さん

2018/11/1215:44:13

自民党が国賊政党だから何もしないだけ。

だから中国に狙われてる尖閣も無人で放置してるという中国様、どうか今のうちに奪ってくださいと嘆願してるのが国賊政党の自民党だよ。

竹島で
1952年1月18日に韓国の李承晩大統領によって海洋主権宣言に基づく漁船立入禁止線(いわゆる李承晩ライン)がひかれ、竹島が韓国の支配下にあると一方的に宣言した。1952年のこの宣言から1965年(昭和40年)の日韓基本条約締結までに、韓国軍はライン越境を理由に日本漁船328隻を拿捕し、日本人44人を死傷(死亡者数は不明)させ、3,929人を抑留した。韓国側からの海上保安庁巡視船への銃撃等の事件は15件におよび、16隻が攻撃された。
1953年(昭和28年)1月12日、韓国政府が「李承晩ライン」内に出漁した日本漁船の徹底拿捕して以後、日本漁船の拿捕や銃撃事件が相次ぎ、日本の漁業従事者に死傷者が多数出る事態となった。同年2月4日には第一大邦丸事件が発生した。済州島付近で同船の漁労長が韓国側に銃撃を受け死亡。また日本人漁師の瀬戸重次郎が殺害されている。
同年4月20日には韓国の独島義勇守備隊が、竹島に初めて駐屯。6月24日、日本の水産高校の船舶が独島義勇軍守備隊に拿捕される[29]。6月27日に日本の海上保安庁と島根県が竹島調査を行い、「日本島根県隠岐郡五箇村」の領土標識を建て、竹島に住み着いていた韓国の漁民6名を退去させた。すると、7月12日に竹島に上陸していた韓国の獨島守備隊が日本の海上保安庁巡視船「へくら」(PS-9[29]) に90mの距離から機関銃弾200発を撃ち込む事件が起きる。
以後、韓国は鬱陵島の警察官約40名を竹島に常駐させており、日本の艦船の接近を認めていない。また独島の西島には韓国人夫婦が定住している。実際、竹島は日本で言う武装化などはされてはおらず、その代わりに毎年韓国軍による独島防衛訓練が行われている[30]。 日本政府はこの韓国による竹島実効支配に抗議しているが、韓国側は独島は韓国固有の領土であるとして「内政干渉」と退けている。
なお当時韓国には拿捕の法的根拠である漁業資源保護法は施行されておらず、日本漁船拿捕は国際法また韓国国内法においても非合法的な行為であった[31]。この韓国の行為に対して日本の水産庁は「他国の類似事例とは比較にならないほど苛烈」と評した[32]。しかし、韓国側は1952年1月18日の大韓民国海洋主権宣言が拿捕の根拠であるとしている。
また、韓国李承晩体制下に行われたかかる行為を、1960年駐日米国大使ダグラス・マッカーサー2世は、国務省への機密電文の中で「国際的な品行や道徳等の基本原理を無視した実力行使の海賊行為」と表現し、「日本人は李承晩の占領主義的手法で苦しんでいる」と訴えている

sha********さん

2018/11/1014:06:00

気持ちはわかりますが
その「奪還」はこちら側の具体的根拠がいります。
当事国ではなく多くの国際意見が「侵犯」と認めれば
アピールもできるでしょうが、そのような情勢にはない
ということでしょう。
「些細なことではない」のはそのとおりだからこそ
返しません。
自国の領土であると明言したのですから4島はかえさない
ようです。ロシア法に基づく経済協力も日本がしないなら他国と行う
といってますしね。互恵を述べただけでも排除ではなさそうです。
竹島も無理ですね合意なく裁判もできませんし。

locomotive55さん

2018/11/909:48:25

ほとんどの日本人が、武力抗争に反対の立場であること。領土問題に関心が薄い事。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

ちょりまさん

2018/11/823:56:53

九条による拘束、九条による軍の衰退、日韓戦争によるアメリカの立場
バカはこういう質問するなwww

2018/11/615:53:26

まあ武力奪還をしない理由は明確です。

憲法9条により、武力奪還は禁止されているからです。


よく憲法9条が、"戦争放棄"と誤解されていますが、実は戦争放棄ではありません。

「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」

戦争の放棄"と"、紛争を解決する為の武力の行使が、禁止されている訳です。


つまり憲法で武力奪還は禁止されているので、自衛権の発動である侵攻を受けた時の防衛でしか行動出来ない訳です。

なので竹島が占領されたタイミングでのみ自衛権の行使が可能でしたが、そこでタイミングを逃した事により何も出来なくなっています。

逆に尖閣諸島の場合は、仮に中国軍に上陸されたタイミングで自衛権の発動が可能なので、防衛出動して行動する事は可能です。

北方領土の場合、貝殻島以外は日本国憲法制定前に占領されているため、自衛権を発動するタイミングが無かった事になります。貝殻島に限り発動のタイミングがありましたが、結局何もしなかったので現在に至っています。


憲法で武力奪還が禁止されているため、侵攻時以外は対応が出来ないので、武力奪還を考える場合には憲法の改正が必要になって来ますね。


とりあえず質問の武力奪還に動かない理由は、憲法で紛争解決の手段としての武力の行使が禁止されているからだと思っておけば良いとは思いますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる