ここから本文です

子宮内膜炎の治療について 慢性子宮内膜炎と診断され、クラビット500mgを14日間 ...

non********さん

2018/11/721:29:26

子宮内膜炎の治療について
慢性子宮内膜炎と診断され、クラビット500mgを14日間 処方されました
不妊治療をしている方のブログを読んでいるとビブラマイシンを処方されていることが多いようで

心配になりました
薬局で尋ねたらビブラマイシンよりクラビットの方がいろんな菌に効く強い薬と言われました

しかしながらインターネットで検索しても子宮内膜炎でクラビットをつかっているページを見つけられませんでした
子宮内膜炎でクラビットを処方されることもあるのでしょうか?

閲覧数:
984
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

le_********さん

2018/11/823:00:51

子宮内膜炎は細菌性の炎症が原因です。起炎菌としてブドウ球菌や連鎖球菌などの様々な細菌が原因となることが多く、起炎菌が特定されるまでは一般的に抗菌スペクトルの広い、クラビット(ニューキノロン系)、ビブラマイシン(テトラサイクリン系)などの抗生物質を投与します。
どちらも適応症として子宮内感染の適応を持っていますので、ご心配なさらなくても良いかと思いますよ。

質問した人からのコメント

2018/11/9 14:41:43

的確な回答ありがとうございます!!
ほっとしました(*^_^*)

「慢性子宮内膜炎」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる