ここから本文です

F#m7-5はなぜトニックで、A♭dimはなぜドミナントなのか、説明をお願いします。

pur********さん

2018/11/1013:24:43

F#m7-5はなぜトニックで、A♭dimはなぜドミナントなのか、説明をお願いします。

ある人は、(Yahoo知恵袋)F#m7-5について、トニックとか機能を持つことにははならないと言っていましたが、これについても説明願います。

閲覧数:
101
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cok********さん

2018/11/1123:36:39

F#m7-5= ファ# ラ ド 三=Am6≒C6でトニック
A♭dim=G7♭9で ドミナント

我流でっせ

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hos********さん

2018/11/1200:17:08

>F#m7-5はなぜトニックで、A♭dimはなぜドミナントなのか、説明をお願いします。

キーがCメジャーの場合ですね。

F#m7-5は、トニック(C,C6,CM7)の代理になり得るコードです。
F#m7-5=Am6(/F#)≒C6+11(omit5)=テンション(#11)を含んだトニックになるからである旨、ナベサダ(渡辺貞夫)が「ジャズ スタディ」で述べています。
ただF#m7-5には、Em7が「ド」を伸ばす時には合わないのと同様、「ソ」を伸ばす時には合わない等の制約や使いづらさがあります。
またF#m7-5は、パッシングコードとしても使えますし、サブドミナントの代理にもなり得ますし、単なる変化和音や借用和音と解釈される場合、そして複数の解釈が可能な場合もあります。
そのようなファジーなコードですから、トニックの代理機能としては、文字通りトニック(C,C6,CM7)の代わりに使うよりも、トニックに続けて使ったり、Amの更に代理として使ったりした方がそれらしいと言えると思います。
例えば、「C→F」のCを分割して「C→Em→F」や「C→Am→F」にするのと同様、「C→F#m7-5→F」として使ったり、
「C→G→Am→F」を「C→G→F#m7-5→F」にしたりです。

A♭dimは、ドミナント(G,G7)の代理になり得るコードです。
理由は、A♭dim7=G♯dim7=Bdim7=G7♭9のルート省略形と同じになるからです。
ただし、A♭dim(G♯dim)なら平行調のⅤ7であるE7のルート省略形として登場する方が多いと思います。


>ある人は、(Yahoo知恵袋)F#m7-5について、トニックとか機能を持つことにははならないと言っていましたが、

知恵袋の回答は(私のも含め)鵜呑みにはしないことです。
プロの作編曲家でさえ、独学や自己流でプロになった人もいますから。
いわんやどこの馬の骨とも分からない知恵ブクラーの回答をや、です。

ちなみにこのスレ→https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q111811011...のBAのことでしたら、
「代理コードという用語は独立した和音について使うもの」と述べつつ
「代理コードという用語には明確な定義がない」旨を認識しているので
真に受けなくていいでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる