ここから本文です

詳しい方、おしえてください。

アバター

ID非公開さん

2018/11/1108:18:55

詳しい方、おしえてください。

新築中の2×6戸建て住宅についてです。
9月に着工し始め基礎は出来ています。
現在足場は組まれていますが、
ハウスメーカーから、大工さんが忙しい為
大工さんの作業が未だ入れずにいます。

昨夜、現場監督から今後の予定がメールで来ました。
その内容が、以下です。

「来週1階床の施工を1,2人で行い、
その6日後に、クレーンを使った作業を工場に調整を依頼し、実施。
この日、2階壁まで建てる予定、
こちらの作業は3人で行うとの事。」

なのですが、
上棟というと通常1日で棟上げすると思っていました。
うちの現場監督が予定した通り
2日に分け、それも間が6日も空けて
大丈夫でしょうか??
その間の雨風が心配なのですが…
このような作業工程で大丈夫なのかおしえてください。

建築関係者の詳しい説明をお待ちしております。
よろしくお願いします。

閲覧数:
180
回答数:
7
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kar********さん

2018/11/1400:03:36

ツーバイ工法は、屋根、壁を囲むまでに雨が降ればアウトです、(>_<)

そんな工程を平気で組むような工務店があるのにビックリしてます。


そもそも大工が忙しいとかは、相手の都合ですよね、仕事を請け負ったからには人手をそろえて作業を進めないとダメダメです。


今更、ほかの業者に変えれないと思うので、雨が降らないことを祈るしかなさそうですね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

rri********さん

2018/11/1121:31:10

2日に分けて行う事はあっても、6日後というのは殆んどありません。
監督の仕事は「段取り八分、仕事二分」、段取りが悪いという事です。
当初の作業工程を確認して、状況説明を求めると良いです。
段取りの良し悪しで現場の進行具合が変わっています。

プロフィール画像

カテゴリマスター

tsu********さん

2018/11/1119:01:58

木造軸組みだと、1日で棟まであげる事例が多いですよね。

上等の日に棟を上げて式を執り行うという流れ。

でも、6人とかで一日で棟まであげるとすると、筋交いなど部材を入れることができなくて、仮筋交いで簡易的に固定する場合が多いです。

突風、台風などで倒壊しているのはこうした事例です。

最近では、
1日目 1階柱を建て、桁、梁を入れた後に、午後から本筋交いや構造用合板を貼って1日目完了

という安全を優先した会社が多くなってきてますよ。

ログハウスやツーバイの建て方だと、下から積み上げていく流れなので、なおさらではないでしょうか。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kat********さん

2018/11/1118:47:27

上棟が1日で終わるとは限りません。建築物規模・段取りによります。床組から上棟まで間空いても、現場養生など十二分に行えば問題無いと思います。契約工期どおり進められていれば何ら問題無いと思います。工事に関する疑問・質問事項は遠慮無く現場監督に問い合わせ、コミニュケーション密に取るのが良いと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

iid********さん

2018/11/1116:11:22

大工が忙しいのは建築会社の都合です。

応援を呼べば良いのではないのでしょうか。

注文者をお客様とも思っていない言葉の様に聞こえます。

床の施工を先行して、組み立てを後日行う事はよくある事です。

但し、期間を開ける場合は、床をビニールシートで養生した上で、ブルーシートなどで養生しないと、床合板が水に濡れ白癬菌が発生する原因になります。

mb3********さん

2018/11/1115:58:02

ツーバイフォー工法の家は水に濡らしたら絶対に駄目です。日本で使われているSPFという白い木は大変に湿気に弱い木材ですし、合板は水が入って染み込んでしまったら簡単には乾きません。
ブルーシートで覆うくらいでは雨が入ってきてしまいます。
勝手に雨で濡れたくらいは平気という大工さんもいますが大変なことになります。

本当は養生用の幅広の粘着性のシートが有るのですが使うところはありません。
一例 https://www.nitto-lmaterials.com/product/kenzai/f550.html

一日目が終了して約一週間も空けると日本では雨似合う確率が高くなります。
構造体を水で濡らすことになります。ツーバイフォー工法の家は下から組み上げて屋根が最後なので、日本の気候を考えると最善の工法とは言えません。

うるさく、工事監督や建築会社に雨に濡れたら、""すべてやり直し""と催促するべきです。うるさい施主の方を優先するようになります。2日に分け、それも間が6日も空けてと言ってくるのは施主をなめているからですよ。契約した以上は大工が忙しいのは理由になりません。強気にならないと大切なご自分の家ですよ。頑張ってください。

ツーバイフォー工法の家は雨に濡れると必ず以後にトラブルが発生します。
うちでも以前(輸入住宅の仕事をしていた)、合板が完全に乾いたように見えても、乾燥してなく、床材を張ってすぐに床が湿気で凸凹になりました。試しに床合板をカット(点検口の穴)すると合板から水が出ました。表面だけが乾いたように見えてるだけです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる