ここから本文です

現在、創価学会員ですが入信するときに大聖人の血脈の流れが日蓮正宗にあるので正...

kok********さん

2018/11/1419:45:15

現在、創価学会員ですが入信するときに大聖人の血脈の流れが日蓮正宗にあるので正しい信仰ですと、言われて入信しました。ですが、現在はその血脈を否定されているようなので困惑しています。

どうとらえればいいのかわかりません。
なにか、ご教示いただければありがたいです。

閲覧数:
301
回答数:
13

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tam********さん

2018/11/1812:57:36

お邪魔しますね。


創価様は相変わらず、物凄い回答ばかりで、しばらく推移を見守っていました。(^^)

これは、教義上の問題と個人の進路(方向性)の問題の二点だと思いますので、その上でどうとらえれば良いのか、通説、推論を交え回答します。
参考程度にして下さい。

【結論】

時間はかかりますが、貴方様の思う様にするしかないです。
現状維持(つかず離れず?)、休眠 ?、脱会?、他宗派へ改宗?

結論同じだから、学会幹部に相談しても時間・労力のムダ・ムダ!
まずは、学会と距離をおいて「冷静に」検証する時間が必要だと思いますよ。


①教義上の問題とは…

大前提として、「御本尊」様とは何か?
学会でも正宗でも実は、ハッキリと詳細に答えられる人少ないんですよ。
ここは、自分自身で調べていくしか手はないのですよ。

簡潔に言うと、「本門の戒壇の大御本尊」(一大秘宝)のことを指しています。ここから論理が展開されていきます。

三大秘宝はご存じですね。元々は、六大秘宝を集約して三大秘宝、三大秘宝を集約して「一大秘宝」と表現しています。

当たり前ですが、750年来これを守って来たのは、ご僧侶。
新興宗教の創価様は、法華三宝(仏法僧)の僧呂否定!
で、でやがった、仏教徒じゃないから当然の理屈ですね。(^^;)


※ほとんど同じ過去の質問

今回は、おとらさん(サーベルタイガー)の出番です!(^^)
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q101531838...



②個人の進路(方向性)の問題とは…

これは中々難しい。その人によって業・環境・原体験・入信・入会の動機などがまるで分らないので軽々には答えられない。

しかしながら、正面から向き合い意を決した時は、信頼できそうな人に相談するしか手はないのです。それが、知り合いの学会の方なのか?はたまた、メール・電話・訪問による相談(法華講の人)なのか?…

貴方様自身で良く調べてから、ご判断なさることです。

個人と信仰とは、どこまでいっても「個人の幸せ」の為にあるのですから。
初期仏教では、四苦八苦を解決すること、法華経においては現世安穏・後生善処とあるように三世で法を説き、現当二世が良くならないければ信仰じゃないですよね。(^^)

少なくとも、教義上の矛盾がある教団に所属していることに、違和感を感じない人達にまともな回答できるわけがありませんよ。(^^)

----------------------------------------------------------------------------


ついでに、あまり笑わせないで下さい。(^^)

信心の血脈=題目?

血脈とは、当たり前ですが、生きている人間のこと。これは、譬えで、生きている人間(僧侶である猊下)が宗祖から二祖・三祖~六十八祖~とまるで血液が脈々と流れていくことを表現したものです。

では、何を信じるのか?信心の要のことですから、当然、一大秘宝である「本門戒壇の大御本尊」を信じることですよ。(教義は変わらないです!)
ここから逆に論理を展開すると、三大秘宝を信じること、六大秘宝を信じることとなります。

この大御本尊様は、事の戒壇、一機一縁である分身体(例:ご家庭の)ご本尊様は義の戒壇と言われています。

御本尊とは、信仰心のない人にとっては、ただの掛塾。しかし、信仰心のある人にとっては「単にご本尊様を信じる」と言っても、正宗では本来こういう意味が元々あるのですよ。


他にもありますよ。創価仏(また変なのこさえましたね)、宇宙即我(えー、真言宗ですか?)
我見、持論・自説・自画自賛のオンパレード(^^;)


【おまけ】

①血脈(けちみゃく)とは
https://blog.goo.ne.jp/shourinzi1972/e/d3772bcd2507042a765ed9834c9b...

②よくわかる創価学会 破折集
https://www.soka-news.jp/hasyaku-top.html

③日蓮正宗のホームページなんかも参考になります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/12件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2018/11/1700:25:19

信仰があるところに血脈は流れ通うと考えるのが日蓮大聖人の思想である。
〝血脈〟とは「信心」の次元の問題である。換言するなら、大聖人と自分自身の「師弟」の問題である。たとえ形だけは歴代法主の地位にあっても、ひとたび「信心」「師弟」を見失えば、たちまち〝血脈〟は断絶する。
仏法の正邪を判定する基準は、詮ずるところ仏に直結する「信心」に裏付けられた思想と行動があるかないかであり、これがあって真の〝血脈〟と言えるのである。決して「相承」の有無ではない。

●「日達上人」: 一時は学会擁護だが晩年には山友(山崎正友)らの策謀に乗ってしまい、池田先生を勇退させる謗法を犯す。
http://www.geocities.jp/shinichizz/gakkai/siryou/taisekiji-no-keihu...

【ふって湧いた御本尊模刻問題】
https://megalodon.jp/2015-0815-1947-03/www.sokaspirit.com/content-j...
【猜疑の根茎】
https://megalodon.jp/2014-0705-2344-11/www.sokaspirit.com/content-j...


これまで学会では、日蓮正宗の教義解釈を尊重し、「弘安2年の御本尊」を根本の本尊とする、との日寛上人の解釈を採用してきた。日寛上人の教学には、日蓮大聖人の正義を明らかにする普遍性のある部分と、要法寺の法主が続き、疲弊した宗派を護るという要請に応えて、唯一正統性を強調する時代的な制約のある部分があるので、今後はこの両者を立て分けていく必要がある。日蓮正宗が完全に大聖人の仏法に違背した邪教と化した今、学会は正統の教団として、世界宗教にふさわしい教義の確立という立場から見直しを行っていく。


【C作戦を日顕に伝授した山崎】
阿部日顕は、最初は創価学会と協調路線をとっていたが山崎は高橋公純(当時 本応寺住職)や弟の段勲などのルートを使って、日顕が池田名誉会長や創価学会へ悪感情を抱くように情報操作し続けた。

宗門内部の実情を暴露した「地涌」には、C作戦(創価学会分離作戦)の詳しい内容が載せられている。
①池田名誉会長の総講頭の罷免
②創価学会に要求をつきつける
・宗教法人 創価学会の役員の半数を日蓮正宗の僧侶より選出する
・池田名誉会長は、単なる名誉職とし、いかなる権限ももたない
・池田名誉会長は自宅謹慎する
・聖教新聞は池田名誉会長の発言を掲載しない また同氏に対する報道も一切行わない
・第一庶務は解散
③要求を承諾しない場合は、池田名誉会長を破門にし、テレビ、ラジオ、雑誌などを通じて、日蓮正宗と創価学会は全く関係ないことをアピールする
④朝日、毎日、読売に、日蓮正宗と創価学会は一切関係ないという主旨の「公告」を一週間にわたり掲載する その費用は一億二千万とする
⑤日蓮正宗と創価学会を分離した後、どちらに入るかは創価学会員の選択に任せる

このC作戦、もともとは山崎が日顕に指南したものだった。

「どう?和道さん、僕の手腕は。ざまあみろってんだ。俺をナメたらどうなるか、池田も思い知っただろうよ。いやあ、苦しかったよ、長かったよ、ここまでもってくるのは」
「今度の問題に山崎さんが噛んでるの?」
「当たり前でしょう。誰があのテープ (お尋ね文書で取り上げられた池田名誉会長のスピーチ) を阿部さんの元に届けたと思ってんの。誰がC作戦を授けたと思ってんの。あー、疲れたよ、やるだけやったよ、僕は」

ー私は半信半疑だったが、間断なく宗門や学会に情報網を巧みに張り巡らし、阿部師に届くよう操作情報をまことしやかに流し続けていたであろう山崎氏の不気味さを知る思いであったー
(浜中和道 回想録より一部抜粋)
toshizo.muragon.com/entry/182.html

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

oku********さん

編集あり2018/11/1519:39:48

私見ですが、日蓮系は釈迦を本仏とする、

日蓮正宗だけが大聖人を本仏とする、この一点だけでしょう、

大聖人滅後、日興上人へ、そして代々と継がれるのですか、段々とおかしくなり、26世、日寛上人より軌道修正される、

それから、しばらくは良かったのですが、再び軌道から外れる、

大聖人滅後700年には宗門は滅亡寸前、観光地へとなる寸前に牧口、戸田先生が入信

創価学会によって再建したのです、

不思議です、

創価学会が無ければ宗門は終わっていたのです、日蓮仏法も終わりです、

日蓮仏法を復活させたのは創価学会と言っても過言では無いでしょう、


大事なのは、日蓮正宗と言うより、その中にいる人です、

正しい人が居れば正しい教団となるのです。

悪い人が居れば間違った教団です

間違った教団には従う必要は無いのです、

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

rok********さん

2018/11/1511:52:06

「時の貫首(かんず)たりと雖(いえど)も
仏法に相違して己義(こぎ)を構へば
之(これ)を用(もち)ふべからざる事」(御書1885頁)

御書の通りの貫首(日顕)が出た~

一千数百万人の退座要求の署名をも無視した
クソ坊主からの破門は これ名誉でしょう

ハーバード大学名誉教授のヌール・ヤーマン博士
「宗門からの決別は祝福すべき進展であった」と

もし創価学会の両肩に聖なる衣がかかっていれば
大きな重荷になっていたでしょう
宗門から脱却し、超越していった事で、学会を
崇高なヒューマニズムへと引き上げていったのです」と

「生死一大事血脈とは・所謂妙法蓮華経是なり」(1336頁
「釈尊と皆成仏道の法華経と我等衆生との三つ・
全く差別無しと解りて妙法蓮華経と唱え奉る処を
生死一大事の血脈とは云うなり」(1337頁)
「日蓮が弟子檀那等・自他彼此の心なく水魚の思を成して・
異体同心にして南無妙法蓮華経と
唱え奉る処を生死一大事の血脈とは云うなり」(1337頁)

等、善く勉強しましょう

腐った寺やエロ坊主に血脈等ありません

ter********さん

2018/11/1506:27:55

創価学会が独立する前からも、実は宗門は歴代会長から支えられてきたのです。

本流の信心という意味でですよ!

その証拠にいざというときには逃げているんです。

第二次世界大戦の法難のときに宗門は逃げたのです。神札を受理しちゃったんです。
一番護らなければならない所、順縁広布の前の法を外護する立場にありながら、破っちゃったんです!

その身代として、初代、二代会長は投獄され、初代は殉教なさっているんです。

どちらが日蓮大聖人の仏法を遵守していますかね?

言わずもがなでしょう。

創価学会が独立する前からも、実は宗門は歴代会長から支えられてきたのです。

本流の信心という意味でですよ!...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

h0q********さん

2018/11/1501:14:52

日蓮さんは排他的で独善的です。

忍性(良観)が住職とするお寺が火災に遭った時。
『王舎城事』
今生に法華経の敵(忍性のこと)となったから、皆の人の見せしめとするようにと梵天・帝釈・日月・四天等に申しつけてあったのです。私が法華経の行者であるか否かはこの火事の一件をもって見ればあきらかです。

『十一通御書』「わたしは日本一の宗教家です。お経の中でもわたしのことを第一人者と呼んでいます。わたしは外国の侵入軍を撃退できる大将です。あなたはすぐわたしの弟子になりなさい」

パウロさんもそうです。

「たとえわたしたち自身であれ、天使であれ、わたしたち(パウロとパウロの信奉者)が、あなたがたに告げ知らせたものに反する福音を告げ知らせようとするならば、呪われるがよい。わたしたちが前にも言っておいたように、今また、わたしは繰り返して言います。あなたがたが受けたものに反する福音を告げ知らせる者がいれば、呪われるがよい。」 (ガラテヤ1・8-9)

「わたしがキリストに倣う者であるように、あなたがたもこのわたしに倣う者となりなさい。」
(コリントⅠ 11・1)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる