ここから本文です

世界史では後継者争いで血みどろですが、後継者争いをして犠牲を出したくないと帝...

アバター

ID非公開さん

2018/11/2208:00:04

世界史では後継者争いで血みどろですが、後継者争いをして犠牲を出したくないと帝位を譲りあった人もいますか?

閲覧数:
50
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

na_********さん

2018/11/2209:16:40

いましたよ。
東フランク王であったフランコニア家のコンラート1世は、しつこく王位を要求してくるサクソニア家のハインリッヒ1世に次期王位継承権を与えました。
(コンラート1世には、男子継承者がおらず、フランコニア家は、弟が継いでいます)

ナポリ王国のアンジュー家のジョアンナ2世には、子が無く、当初かつてのシチリア王国の片割れであるトリナクリア王国(シチリア島側の王国)のアルフォンソ5世を養子とし、シチリア王国の一体化をはかります。
(フランス側の介入により、アルフォンソ5世からフランスのアンジュー公ルネに代えられて、結局は後継者争いが発生し、アルフォンソ5世が勝利します。)

スペインのカルロス2世には、子が無く、早くから後継者探しが行われていました。
カルロス2世に最も血筋が近いのは、フランスの王太子であったルイ王子でしたが、ルイ王子は、フランスの王位継承第一位でしたので、ルイ王子がスペイン王位を継承することに各国とも大反対でした。
(ルイ王子は、カルロス2世の姉の子)
そこで、カルロス2世の別の姉の孫(まだ生まれていなかった)ヨーゼフ・フェルディナンドが王位継承者とされました。
(ヨーゼフ・フェルディナンドは、カルロス2世が亡くなる前年に亡くなってしまい、スペイン継承戦争が勃発することになります)

アバター

質問した人からのコメント

2018/11/22 09:49:37

本当に勉強になりました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる