ここから本文です

鯉の洗いと刺し身の安全性の違いは?

vdw********さん

2018/11/1511:18:01

鯉の洗いと刺し身の安全性の違いは?

鯉や淡水魚の刺し身は危ないという話を聞きます。
そのため、鯉は洗にするということですが、洗にしたとしても、湯通しする、氷で締める程度では寄生虫は死なないと思うのです。

薄くきることで、寄生虫もぶったぎるのは1番理にかなってると思うのですが、それは刺し身でも同じようにすればいいだけですし、あらいと違いはありません。

養殖の鯉を前提としたとき、あらいと刺し身に安全性の違いはあるのでしょうか?
もしや、酢味噌の酢が大事だったりするのでしょうか?
もしそうなら、マリネとかありだったりするものでしょうか?

養殖の淡水魚の刺し身という意味では、サーモンと代わりはないですし、なぜあらいにすれば大丈夫という感じなのか疑問を持っています。

閲覧数:
276
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

miz********さん

2018/11/1511:40:34

寄生虫だけでなく、住んでいる水が余り綺麗でないから、臭いや腐敗の元となる微生物を殺す意味もふくまれたり、薄切りでも偶然断面と直行しないところに寄生中がいるかもしれません。あと、身が経年でブヨブヨにならないよう、締める意味もあるかと。酢味噌は臭み消しかと。

これらは昔の不便な頃の知恵であり、今では佐久鯉など設備の整った綺麗な水での養殖ものは刺身で出されますし、マス類も養殖ものからは現代は寄生虫による食中毒は出ていないと聞きます。

  • 質問者

    vdw********さん

    2018/11/1511:47:49

    ありがとうございます。きれいな水で養殖してるところでは、刺し身もあるんですね。

    そうするとあらいは単に別の食べ方、楽しみ方ということで、安全性の面は大した違いはないんですね。

    ありがとうございます。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

「鯉 寄生虫」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

blu********さん

2018/11/1512:20:41

刺身にする鯉は、三カ月くらい餌をやらないで生簀で飼っています。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる