ここから本文です

千両箱一つ重さは何キロだったのでしょうか?今のお金に換算していくら?

pot********さん

2008/10/1616:38:06

千両箱一つ重さは何キロだったのでしょうか?今のお金に換算していくら?

閲覧数:
16,217
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ina********さん

2008/10/1617:08:37

小判にも色々ありまして、初期の慶長小判は18グラム弱、時代が後になるほど軽くなっていき、天保小判は11.24グラム、最後の万延小判にいたっては3・3グラムしかないという代物でした。

江戸の中期までの小判は大体18グラム弱のものが多かったので、この時代なら千両で18キロ弱、そしてそれを入れるのに耐えうる木製千両箱の重量を加えると25キロは軽くあるとおもわれます。
江戸後期の小判は大体約13グラムから約11グラムの物が多く、これだと箱込みで20キロ前後の重さだと思われます。
万延小判だと箱込みでも10キロないです。

上記のように小判は度々作り変えられ、そのたびに金の含有量や大きさが変わったので現在の価値に直すのは難しいです。
例えば初期の慶長小判一両だと、20~10万円以上と換算できますし、江戸後期の元文小判(約13グラム)の時代だと3万~8万円程度だったといい、万延小判が流通した幕末では一両=8千円という話もあります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kie********さん

2008/10/1617:29:34

箱の重量には決まった規定がありません。よく見るタイプはだいたい40cm×14-15cmくらい、深さ12-13cmくらいです。
これで小判(一両)或いは一分金(1/4両)を千両分収納することができました。

収納時の重さは入れる小判によって異なります。
例えば慶長小判、元禄小判、正徳・享保小判のような重い小判だと1枚当り17.75g(五百円硬貨が7g,)なので
千両積み込めば、単純計算で17.75kg、箱の重量含めれば18kg以上になるでしょう。
宝永小判(9.37g)や天保小判(11.24g)でも、10kg以上は確実です。
万延小判(3.3g)なら、4kg以下になるでしょう。

mik********さん

2008/10/1617:23:38

重さは慶長小判で1枚が17.75gくらいのようですから箱の重さまで入れれば、約20kg程度ではないでしょうか。
今のお金に換算するには、江戸時代と現在との物価上昇率がものによって大きな差があることと、小判自体が10数回ふきかえられて品位が違うために、非常に大雑把な数字ですが食料品で換算すると慶長小判1000両は4千万から2億円くらい、人件費で換算すると2億から3億5千万円くらいだと考えられます。

msa********さん

2008/10/1617:10:16

箱自体の材質にもよると思いますので、およそ15kg~20kgだと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E4%B8%A1%E7%AE%B1

>今のお金に換算していくら?

物の豊かさや経済状態・租税・社会保障などなどで
現在の金額に換算する事は難しいです。
江戸時代でも、金や米の相場が大幅に上下してもいましたので。

だいたい、一両50,000~100,000円と思えばよろしいのではないかと思います。

そうすると千両は5000万から1億円という事になりますね。

(-o-)/

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる