ここから本文です

薄毛治療のミノキシジルタブレットで動悸や息切れは起きますか?

アバター

ID非公開さん

2018/11/2412:05:53

薄毛治療のミノキシジルタブレットで動悸や息切れは起きますか?

病院で処方されて3か月前から飲み始めました。

趣味のフットサルも前は平気だったのがすぐに息が上がり、酷いときには階段の上り下りで苦しくなることもあります。

生活で変えたことはミノキシジルタブレットを飲み始めたくらしか思い当たりません。
体の不調が行らないように飲む方法はないですか?

閲覧数:
432
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iku********さん

2018/11/2414:00:49

運動時以外にも動悸や息切れがあるなら即時中止すべきです。浮腫みなどもあれば当面の間、塩分は控えるようにしてください。

スポーツ飲料や食事にしても塩分摂取は抑えることが必要です。

2017年に日本皮膚科学会の公式見解として性別を問わず、ミノキシジルタブレットを育毛薬としての処方を薦められないと発表されましたが残念なら以前としてミノキシジルタブレットを育毛薬として処方している病院は後を絶ちません。

医療機関の宣伝方法の改定で、クリニックが直接、ミノキシジルタブレットの有効性を宣伝することはなくなりましたがその反面、アフリエイトを目的としたブログで専門家を装った方の記事がこの数か月急増したようです。

賛否両論のような記事が増えたことで何が正しく、何が間違っているか一般の方ではわかりにくくなってしまったと思います。

ですが医療機関で処方を受けてもミノキシジルタブレットだけではなく、ザガーロやプロペシアなどの正確な情報が提供されていません。

日本の一般的な医療水準は高いのですがこと美容医療の一部である、育毛治療は海外水準を満たしておらず、他国では考えられないような治療が行われています。

大前提としてミノキシジルタブレットは育毛薬として開発、製造、承認している国は世界に一つもありません。

日本だけが、数年前よりミノキシジルタブレットを育毛薬として処方するようになりましたがようやく、日本皮膚科学会が安全または有効性のどちらも検証されておらず、育毛薬推奨できないD判定と発表しました。

最新のaga型脱毛症の治療ガイドラインで「ミノキシジルの服用は有用性に関して臨床試験が実施されておらず、副作用のリスクが高いこと。またこのミノキシジルの内服療法は利益と危険性が十分に検証されていないので男性型・女性型ともに行わないよう強く勧められる」と明記されています。

内服ミノキシジルのこれまでとこれから 日本皮膚科学会 脱毛症診療ガイドライン 推奨度D
https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12350254976.html

この薬は本来、血圧降圧剤として開発、承認された薬であり、米国では「数種類の血圧を下げる薬を使用しても、血圧がコントロールできない場合に限り、処方されるべき薬である」とされています。

FDA(米国食品医薬局)はミノキシジルの心臓などの副作用を処方せんの添付文書記載の中では最も重い警告である「黒枠警告(Black Box Warning)に指定しています。


ブラックボックス警告
処方箋医薬品のリスクの可能性についてラベルに記載される警告文の1つで,医学的に深刻な,時には生命に関わる副作用を引き起こすリスクを伴うことを示すものに警告の文面が黒枠で注意を促す、FDA(米国食品医薬局)の中でも最も強い警告です。

ミノキシジルタブレットが開発し、血圧降圧剤として承認している国が管轄する保健省や製造元が育毛薬と販売していない薬がこれまでの日本では育毛薬として転用されていました。

高血圧の病気をお持ちの有無に関係なく、健常者も併用薬や検査がなくして服用して良い薬ではありません。

日本皮膚科学会がD評価と認定した後も、ミノキシジルタブレットを処方を続ける一部のAGA病院では「ミノキシジルタブレットの副作用の危険性が検証が不十分である」ことだけが原因であり、育毛効果を疑ったからではないと説明しているケースがありますが完全な誤りです。

ミノキシジルタブレットの実情や多くの方がご存知ない、ミノキシジルタブレットの様々な情報を以下で紹介しています。
https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970212.html

ミノキシジルが使用できないとザガーロの利用を考える場合もありますが乗り換える前に知っておくべきことがあります。

ザガーロはプロペシアと違い5aリダクターゼのII型だけではなく、5aリダクターゼのI型にも効果があることからこれまでプロペシアを服用しても効果がなかった方でも育毛効果が期待できるかことを最大の宣伝文句としていますがザガーロを育毛薬として承認しているのは世界の中でも韓国と日本だけです。

海外ではザガーロは育毛薬として承認されておらず、最大の理由はザガーロを育毛薬として効果を得ようとした場合、通常の適正量の5倍近く服用してようやく育毛効果が得られるという結果が12年以上前に発表されているからです。

臨床試験の中でももっとも信頼性が高いと言われるメタアナリスという検証方法が取られ、400人以上の治験対象者を募り、収集された臨床試験の結果です。

2006年のOlsen博士がおこなったメタアナリシスによれば、育毛効果が期待できるのは日本や韓国で育毛薬として処方される最大量の0.5mgの5倍の2.5mgと結論に至っています。

海外の皮膚科学会や育毛専門家の間では2.5mgを服用すること自体、現実的ではく、服用開始後に定期的検査を行ったとしても、リスクを到底回避できないことから海外では育毛薬として承認または処方も行っていません。

このような配合量を薄毛に悩み健常者だけではなく、この薬が元々製造された前立腺肥大や前立腺がん患者も服用できる量ではありません。

逆に日本ではこのOlsen博士のメタアナリシスを育毛薬として承認した臨床試験の一つとしていますが、国内で行われたいくつかの臨床試験は科学的根拠の信憑性レベルの中で、最強と言われているメタアナリシスではなく、大半はランダム化比較程度でしか検証がされていません。

Olsen博士による臨床試験ではザガーロの0.1や0.5mgではフィナステリドよりも優位に働くというデータは確認できなかったのにも関わらず、日本ではザガーロはプロペシアよりも効果が高いと説明をしている点です。

2001年にアボルブ、前立腺肥大症治療薬として認可され、現在では102か国で前立腺肥大薬として承認、処方がされている薬を育毛薬として名称を変えただけの薬がザガーロです。

日本でも16年前から処方されていますがアボルブを服用されている前立腺肥大の患者が服用によって髪が増えたという話は全く耳にしないと思います。

前立腺肥大の治療の場合、定期的な血液検査や医師の管理下の元、行いますが育毛目的で服用している場合、大半のAGA病院や医師は検査を行わず、副作用のリスクを説明することはありません。

国内で行われた臨床試験でも健常者が育毛目的でザガーロを服用した場合と前立腺肥大患者が副作用を発症する割合の違いについて発表しましたが健常者での副作用リスクは20%近くあるのですがそのような正確な説明が十分に行われていません。

ザガーロを取り巻く実情について、いくつかの情報を以下にまとめてあります。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970246.html


日本皮膚科学会の男性・女性型脱毛症の治療ガイドラインでも「低出力レーザ―の発毛効果に関しては、有用性を示す十分な根拠があり、使用を勧める」と推奨度Bと発表されました。

米国皮膚科学会では2010年から既に推奨されていましたが2018年には欧州皮膚科学会でも日本と同様に 低出力レーザ―の男性・女性型脱毛症の治療法として正式に推奨すると発表され,大変大きな話題となりました。

現在、日本の医療機関でも低出力レーザ―の導入は進んでいます。

世界中から育毛の専門家が一堂に集う、2017年、国際毛髪学会で「低出力レーザ―が毛根内のたんぱく質に与える影響によって育毛効果がある」と発表したタイの医師の学術論文が最優秀賞を受賞するほど、注目を浴びる、育毛法です。

低出力レーザ―の育毛効果は科学根拠の中でももっとも信頼の高く、最強と言われている臨床試験のメタアナリシスでも男性・女性型脱毛症に対する効果も実証されています。

低出力レーザ―についての様々な情報を以下にまとめました。
https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970151.html


日本のように一国で示された治療指針でも低出力レーザ―の信憑性への評価は高まりますがヨーロッパの学会は54国の医師や専門家が参加し、それぞれの国ごとに保健省が存在し治療の基準も異なります。

効果は医薬品で用いる検証方法で行われ、2.54㎝の円形の面積を使用前と使用後17週目で比較すると毛髪の本数が平均して51%の増加。93%で改善が見られたと発表されています。

低出力レーザ―器の中で製品によって照射方法やレーザーの個数、使用時間によって効果に大きな差があります。

AGAの原因であるDHTが及ぼす問題に対し、ATPの増加だけではなく、同時に血行促進を図れる低出力レーザ―器もあります。

血行促進は髪の主成分がそれだけ毛根内でどれだけ増加することに大きく影響し、近年薄毛原因として話題のゴースト血管にも効果があります。

血液中のたんぱく質が髪の主成分であり、このたんぱく質が細胞分裂を繰り返すことで髪は形成されます。

AGA型脱毛は毛根内で増加するDHTによって細胞分裂のエネルギー源であるATP(アデノシン三リン酸)が抑制されてしまうことで薄毛や抜け毛が進行します。

プロペシアやザガーロのように5aリダクターゼを抑制し、DHTの発生を防いだとしてもATPは増加しません。

同じAGA治療法でもプロペシアやザガーロと低出力レーザ―では作用やアプローチが異なります。

レーザーという直進性が高い光であるからこそ、同じ面積に対し、どれだけの数のレーザー照射個数が搭載されているかでATPの増加量や血行促進効果が得られるかが左右されます。


低出力レーザ―が単体でも効果は確認されていますが現在、塗布用ミノキシジルやプロペシアをお使いで、十分な効果を得られていない方が低出力レーザ―を追加することで効果が高まるという臨床結果もでています。


添付している画像は低出力レーザ―育毛器の男女の回復例です。

運動時以外にも動悸や息切れがあるなら即時中止すべきです。浮腫みなどもあれば当面の間、塩分は控えるようにしてください...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「ミノキシジルタブレット」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bib********さん

2018/11/2716:08:45

相当心臓に負担がかかってる可能性有りますね、禿げや薄毛は病気では無いけれど、薬害で心臓病はあり得ます。

el_********さん

2018/11/2713:32:36

病院で相談しては?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる