ここから本文です

【回105②】≪固定資産の減損会計の「資産グループで認識された減損損失の処理(共用...

whe********さん

2018/11/2520:15:51

【回105②】≪固定資産の減損会計の「資産グループで認識された減損損失の処理(共用資産がある場合の減損会計)」について≫引き続き質問させて頂きますが、要するに

>まず、グルーピングされた中にあるすべての資産を個別に将来CFを算出して、それと簿価を比較します。
↑この段階(将来CFの算出の段階)において
①共用資産だけ無視しているという事でしょうか?要するに共用資産以外の資産グループA・資産グループBについて将来CFを算出するという意味でしょうか?
②あくまで【回105】の例でいきますと資産グループAが減損の兆候が無いにも関わらず、資産グループAにおいても将来CFを算出するという意味で良いでしょうか?
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q141989935...

この質問は、abc********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
15
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2018/11/2521:58:46

①はい、おっしゃる通りだと思います。
計算手順については、下記のサイトを参照ください。
【原則を採用した場合の会計処理】というところです。

http://zaim.hatenadiary.jp/entry/2015/11/17/181950


加えて、下記の会計基準の部分が、質問者さんの聞いている点と合致するかと思われます。

共用資産に関して、より大きな単位でグルーピングを行う場合には、減損の兆候の把握、減損損失を認識するかどうかの判定及び減損損失の測定は、まず、"共用資産を含まない資産又は資産グループごとに行い、その後、共用資産を含む、より大きな単位で行う"ことになる(減損会計意見書四、2(7)③)。


②前の回答で「グルーピングされた中にあるすべての資産を個別に将来CFを算出して、それと簿価を比較します。」と答えましたが、すべての資産に兆候があるという前提です。

この点は、正直よく分からないです。
兆候がなければ、将来CFは算定する必要はないと思います。

質問した人からのコメント

2018/11/26 18:28:06

☆☆今後とも宜しくお願い致します。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる