ここから本文です

13歳の娘が死んでしまった愛犬を食べてあげたいと言い出した事についてです。 親...

アバター

ID非公開さん

2018/11/3009:33:08

13歳の娘が死んでしまった愛犬を食べてあげたいと言い出した事についてです。
親としてどう話をするべきか困惑しています。

娘の主張をまとめると「食べたもので自分の体が作られていくから火葬するよりもほんの一部でも食べてあげて一緒になりたい」ということらしいです。
娘の意見は聞かず葬儀を済ませてしまったのですが、それ以来娘の精神状態はかなり不安定になってしまいました。
明るく活発な子でしたが会話も減り何をしてても笑うことがなくなりました。
私はこれからどうすればよいのでしょうか・・・

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
600
回答数:
11
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

松井紅美の画像

専門家

松井紅美さん

リクエストマッチ

2018/11/3016:18:29

どうして娘さんの気持ちを聞こうとしなかったのですか?

娘さんからしたらかなりのショックだったのでしょう。それぐらい愛犬を愛していたのでしょう。自分の体の一部になって欲しいと思うぐらいの気持ちは中途半端じゃ思えません。

そのことをわかろうとしなかった、娘さんの愛犬に対する愛を知ろうとしなかった、貴方の行動が今の娘さんを創り出したのです。

これからは愛するということがどういうことなのかを知ってください。人を愛する気持ち、動物を愛する気持ち、植物を愛する気持ち、いろんなものに対して貴方が愛を与えられるようになれば娘さんは少しずつ笑えるようになると思いますよ。

娘さんに謝りましたか?勝手に葬儀をしてごめんなさいと。貴方の愛をわかってあげれなくてごめんなさいと。愛をわかろうとしなかったことを許してくださいと。

娘さんの気持ちをこれからは受け止めてあげてください。一緒にどうすればいいんだろうね、と考えてください。娘さんに寄り添うことで娘さんのことをわかってあげたいと貴方が思うことで少しずつ娘さんの心の扉が開いていくと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

松井紅美の画像

松井紅美

上級心理カウンセラー

人生は乗り越えられない出来事は起きないようになっています。

こんにちは初めまして。 この世界に起きる出来事で乗り越えらない出来事は起きません。ほんの少し物の見方、人への見方を変えるだけで生きることが楽しくなると思いますよ。どうすれば楽しく思えるのかそのヒントが知りたい人はどうぞ。

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

hay********さん

2018/11/3017:40:11

精神科、それも児童精神科に受診なさるべきかと思います。
児童精神科は、非常に少ないですが、学校の養護教諭、又はお住いの地域を管轄する保健所の保健師、臨床心理師に相談なさるのが、手始めです。
週明けの朝から、直ちに行動して下さい。

それが、お嬢さんと、ご家族みなさんのためにも、最善です。

hid********さん

2018/11/3014:01:54

お子さんを精神科医に見せたほうがいいと思います。

ang********さん

2018/11/3013:59:13

愛犬を食べてあげたい。って思考する自体、

それ以来精神状態が不安定になったと言うより、

その前から精神状態がおかしかったのだと思いますよ。普通の子ならそういう思考になりません。

専門家にかかられた方が良いです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

pir********さん

2018/11/3013:10:39

難しいですね。
13歳なら、用事じゃないから下手な理屈じゃ通用しないですし。
かといって大人でもないから、突発的なことも考えたりするし。

そこはもう、対等な関係で話すことじゃないですかね。

娘さんのおっしゃることも尊重する。
賛成するのではなく、「その気持ちもわかる」と、理解を示すことです。
否定から入っちゃいけません。
理解できないからと、頭ごなしに拒絶してもいけません。
そういうことです。

そのうえで、「しかし私はこう思う」と、きっぱり自らの意見を伝える。
否定するための意見じゃなくて、あくまで「私の意見はこうだ」と。
理由は、他の回答者さんがいろいろおっしゃってる感じで。
要は、社会的に認められていない行為だから、ということですね。
「聞いてあげたいけど、常識的に、それは無理だ」と。
それから、自分の意思もはっきり伝える。
「私は愛犬を食べるなんて、可愛そうと思う。
だから、したくないし、やってもらいたくない」と。

そのうえで、たとえば、遺灰とか・・あるいはもっと簡単に毛とか入れたペンダントでも作って、娘さんに渡したり。
「これが、あなたと私の中間のやり方です」と。


これで上手くいくか分かりませんが、とにかくなんでも、否定から入ってはいけないと思います。
そして理解できないことにも、一生懸命理解しようと努力すること。
そのうえで妥協案を模索してあげて、できることがあれば示し、それでもダメなら仕方ないので、時間が解決するのを待つしかありません。

教育は、みんな苦労してますよ。
がんばりましょう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

len********さん

2018/11/3011:50:48

娘さんの今の状況については心配しないでも時が解決してくれるはずです。ペットがいなくなったことから来るもので、食べることを否定したためではないはずです。必要以上に気にすると、かえって悪影響が出ると思います。
引っかかるのは、
「食べたもので自分の体が作られていくから火葬するよりもほんの一部でも食べてあげて一緒になりたい」という発想がどこから出てきたのかです。それって、ちょっと普通ではなく、小学生が自分で思いつくとも思えません。変にゆがんだスピリチャルな情報が入っているのではないでしょうか。もう少し落ち着いたら、生きること、死ぬことについて話す機会を持ち、もしおかしな情報に接しているならそこから離れるような方向にじっくりと話し合うほうがいいです。極端な話、愛しているという理由で殺した自分の子供を手元に置くような行動にならないとも限りません。

あわせて知りたい

このカテゴリの回答受付中の質問

一覧を見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる