ここから本文です

子育て中の体調管理について質問させてください。 4歳のと12月で1歳になる子供...

lov********さん

2018/11/3013:12:24

子育て中の体調管理について質問させてください。

4歳のと12月で1歳になる子供がいます。
上の子は保育園、下の子は家で面倒を見ています。
旦那は毎日残業で帰宅が22時を過ぎるので1人育

児、家事をしています。
出産時も上の子を預けるところがなかったため、子連れ入院で出産しました。

疲れが溜まっていたためか、6月に帯状疱疹になり、完治まで1ヶ月かかりました。
9月になって、上の子が保育園で風邪をもらってきて、下の子と私にもうつりました。

それから子供2人と私がエンドレスで風邪ひいています。
子供2人に関しては、中耳炎になりやすく、片方が治ったかと思うともう1人が時間差で熱を出して、中耳炎の繰り返し…

私も2人の看病、育児、家事、内職で休めず風邪→咽頭炎→胃腸風邪→鼻風邪と続き、副鼻腔炎になり昨日発熱してしまいました。
そして下の子も昨日からまた発熱してしまいました。

何がいけないのか…上の子が保育園で病気をもらってしまうのは仕方ないことで、免疫のない下の子がもれなくうつってしまうのも仕方ないと思います。

私自身がここまで風邪をこじらせてしまっているのが問題なのはわかっているんですが…
病院で薬を処方されて飲んでも治りかけに悪化して繰り返してしまうんです。

子供達も、私も食べるものはしっかり食べているつもりです。
子供達のお風呂もなるべく寒くないように気遣って入れて、湯冷めしないように気をつけています。

もー疲れてしまいました…
まず自分の体調を整えなければならないんですが、どーしたら回復できるんでしょうか?

この質問は、女性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
134
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rob********さん

2018/12/212:13:07

バラバラに書いていきますので
一つずつ疑ってみてほしいと思います

まず予防治療の話

この話は日本でもほぼ誰も知らない得な話です

風邪を引いた人といくら一緒にいても風邪を引かない人もいるわけです

子供は風邪をもらって 直ぐに風邪を引いても
免疫力がよわいし ショウガナイのですが

問題は大人の免疫力があるのに風邪を引いて
普通に治らず 悪い方向へいってしまうことです

なにが起きているかというと
最初から風邪を引いている状態のノドだということです

貴方が昔に引いた「酷いノド風邪」があったと思います

風邪=急性上咽頭炎ですね

そこから 風邪が慢性化して「慢性上咽頭炎」になっていると
風邪をもらいやすい 治りにくい 他の炎症に進んでしまうということになります

ノドにある上咽頭と扁桃は 最初に入った異物と戦うリンパです

ここに常に火種をもっているから
直ぐに着火して風邪を引いてしまうということです

意味不明かもしれないですが

(私も数年研究して やっとつながりました)

で貴方が「慢性上咽頭炎」になっているかどうかは
「Bスポット治療」で診断できます
検査=治療です

今はEATといいます

普通の耳鼻科では 診断不可能です

この治療で 上咽頭という部位のリンパ粘膜治療ができたら
風邪を引かないノドになります


この上咽頭の概念と治療法がないので普通の耳鼻科では
風邪さえ治らないですね

これを体験しておられるというわけです

風邪は薬が治すのではなく
免疫が五日かかって治しているのであり

薬はこれ以上のヒドイ状況にならないために
使いますが


貴方のように ひどい慢性上咽頭炎になっていると
なおそうにも 免疫がそっちの方へ向いて行かないノドになっています

なので 治りきらないし
いつも不調になります




なぜ慢性上咽頭炎になるか?

原因は【口呼吸・口の中の乾燥(緊張やストレスから) 菌・ホコリ・ストレスそのもの・冷え・寒さ・血流の悪さなどなどです】

こんなに簡単にこの炎症になり
不調を起こします

詳しくは本を読んでください

金ないわと思うかもしれないですが
これから 仕事と子育てを不調でイライラしながら
人生を歩いて 子供に悪影響を与えることがあると予想できている
なら 研究をしておくと

風邪の季節に不安になる事は
一切なくなります

ストレスについて 貴方は皆さんのいう以上に
頑張りすぎています 今は少し貧乏でも
子供に与える影響を考えるといいかと思います

子供が将来 稼げる人になってもらうには
不安がないことが大事です
(親が分け前をもらうという意味ではないです 子供は子供の生活)

親に不安があると 子供の人生が良い人生にならないのは
誰もが知っている事でもあります

不安なく過ごさせてあげると 自然に風邪も引かない(ストレスがないので)
仕事も好きな仕事で 楽しく生きて行けると思います
(たとえ金がなくても 楽しいのにこしたことはない)

っと言うくらい ストレス=自律神経の狂い➡上咽頭炎悪化➡
不調です これも本に書いてあるし

ストレスが体を壊すこと

これは どの健康本にも書いてあるような
あるあるです

風邪を引かないように ピリピリが子供に伝わっていると
悪い方に向いて進みます

風邪を引かないようにっというと
風邪に向かうという悪循環

つまりスキーの初心者と同じ
危ない方を意識してしていると
そっちに向かう思考=行動です

それよりも楽しいことを教えてあげると
風邪から意識が遠のきます
親も楽しいし 子供も楽しいので自然に風邪も遠のきます

これだけじゃ もちろんダメです


あいうべ体操をして
粘液を出しやすくすることをしたり
(福岡の小学校であいうべ体操をしたら
インフルと風邪が減ったニュース NHK)

鼻うがいも大事

本をよんでみてほしいと思います
kindleなら ほぼ無料です

金はこういう情報に使うことが大事です」
本に書いて在ることを全てやってみて
治らないことはないと私なら思います




もう一つは

「子育て大変だ宗教」に騙されていませんか??ということ
今の時代子供が邪魔扱いされて

電車に乗っている妊婦さんが 大事にされない時代です
こういう人は世間に流されているだけのこと

だれでも 誰かに迷惑をかけて生まれて
生きています

子供との時間を確保して
後の仕事は
ネットスーパーなど
設定が大事です

家では物があれば
あとはなんでもできますからね

で なんで子育てが大変だとなってしまうかというと
親です

貴方の親があなたを育てるとき(普通の親 日本の親)
子育ては大変だよ

買い物にいっても 自分の思うように動けないし
貴方の(ママの)時間を奪うだけだよとか
いうわけです

本当は子育ては とても楽しいものだし
貴方の成長に役立つものです

実は親が成長するためのものでもあります
子供が15歳になったとき

貴方が大人になりきっているかが
子育て成功かどうかがわかります

子供が15になっても 不安だらけだと
つまり不安を継承してしまったということです

人生の壁をに乗り越えて 次々とすいすいと
泳いでいけるようなメンタルをあげないと
行けないわけです

この時代は ものはあるわけですから メンタルが最も大事
メンタルが しっかりしていれば

貴方の子供が大人になり 親になった時
不安なく子育てできるメンタルになります


誰にでも 同じく うまくいかないことがおこります
それをどうやって乗り越えていくのか
を研究する期間が
子育てだと思います

だれでも迷いながら やっていますが
一番迷うのは
正解はないということです

正解を求めてしまうと(子供に対して)
自分がどういう人生にしてあげたいのか

わからなくなると
答えも出てこないです

ので あと数年で終わってしまう
子育て期間を 大事に楽しく過ごしていくのが
良いんじゃないかと思います


あるいは 自分が「どういう人生にしたいのか」

を大事にしていくと ストレスもなくなると思います

ストレスがなくなるというのは
ストレスをどうやって解消していくかの
思考ができるという意味です

私は簡単で楽しく生きる方をえらんでいます

風邪の話ではあるわけですが
体と人生が別に生きているわけじゃないので
この際 貴方の好きに自由にしてみると
健康や子供も不安なく生きて行けるのではないかと思っています

これは誰でも本に書いていますし
私もそう思います

苫米地博士(機能脳科学)は
自分の好きで楽しいと思うことを長期間つづけることで
才能になるといいます

才能といっても 生きていくときの自信になります
なので 関係ないとは言えないわけです

たとえゲームが得意だけでも
自信へとつながります

たかがゲームと否定するのは
多くは親です 親は子供を否定するから
子供の自信はなく育ってしまい そこで成長がストップしてしまうというわけです
=自分を表現できない=常に不安となります

つまり 貴方の人生が我慢大会になっていると 子供も我慢を正解とみなし
stopします

ずっと継承していきます 産まれ来る子供たちは いい結果にはならないというわけです

とは言え 我慢が正解とされるのが世間です
流されないように 自分の個性を保つのは
大変なことでもあります

で 親が否定で育つと

その子供はほっておくと親の価値観しか知らないということになります
というのはどういうことかというと
子供は親を超えないということです

どうやっったら「楽しい人生をプレゼントできるのか」
まずは本を沢山読むことが大事です

私の意見は 全然 的外れだよ となるかもしれないですが
参考にどうぞ




治療については
下の本に書いてあります

Bスポット治療できる病院・耳鼻科リストは↓です
最新刊の本にもリストあります 堀田修内科先生

http://special.asa21.com/special/eat/index2.html#kansai

  • rob********さん

    2018/12/216:52:31

    画像をアップするのを忘れました
    すいません

    Bスポット治療についての本

    耳鼻科領域を詳しく知るための本

    風邪についての詳しい本です

    鼻うがいでどこを流すかというと
    上咽頭です


    風邪=急性上咽頭炎
    慢性化すると慢性上咽頭炎で

    慢性上咽頭炎になっていても
    患者的には意識できない炎症です

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/12/3 14:54:47

免疫のこと、子育てのこと、私が抱えてる不安や悩みに答えをいただけた気がします。
ありがとうございましたm(_ _)m

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yha********さん

2018/11/3015:54:46

うちは子供達もう大きいのですが(中学と小学生)、
4歳の時に次男が生まれたので、似たような感じだったかな?と思います。

うちも主人は仕事が忙しい人で、
朝は6時半にはいない、夜は21時以降に帰宅だったので、ほぼ私が全部やってたかな。
しかも次男が生後2週間で1ヶ月の出張に行ってしまって(!)本当に大変でした(笑)

で、同じように長男が幼稚園で何かかかると、全部私や次男にかかってしまい、インフルエンザにマイコプラズマに胃腸炎に全部かかりました(笑)

私も疲労から扁桃腺が腫れて熱が出たり大変だったなぁと思い出しました。

ちなみに、私は生後半年で母乳は終わってたので、
高い栄養ドリンクを飲んだり、とにかく気合いで乗り越えた記憶があります。。

何かすごく悩まれているみたいですが、誰も悪くないです。
幼稚園からうつるのはしょうがないし、
下の子がうつるのはみんな同じだし、
お母さんが疲労から同じくうつっちゃうし。

日々きちんと過ごされているんですから、
今はこんな時期!子供達も病気しながら身体が強くなると割り切って頑張るしかないかな?と思います。

私的にはピンクのユンケルと、エゾエースっていう、
栄養ドリンクがオススメです!たまに飲むと効きますよ!

iii********さん

リクエストマッチ

2018/11/3014:20:58

二人育児大変ですね。

友人の旦那さんは、毎日朝野菜ジュースを飲むようにしたら風邪を引かなくなったようです。

親戚のお母さんは、毎日温かい紅茶をたくさん飲むようにしたら風邪を引かなくなったとか…
緑茶も良いといいますよね!

水分補給しっかりしてみて下さい。

あと、子供の鼻水は電動鼻吸い器でマメにとってあげると悪化しない気がします。お値段しますが、我が家は買って良かったです。

mor********さん

2018/11/3013:43:14

頑張りすぎじゃないですか?
うちは子ども二人のシングルマザーですが、お風呂にお湯を張るのは週2回ぐらいです。
去年なんかたぶん湯船に入ってないです(笑)
お子さんの体力はこれからついてくると思いますよ。
なにか習い事とかさせてますか?
スポーツしてると強くなると思います。
子どもと遊ぶっていうのも体力を使うので、うちは習い事の先生とか幼稚園の先生に任せて、わたしは最低限の家事しかしません。
食べること、寝ることを最優先に考えて、あとはゆるくやれば良いと思いますよ。
無理しないでくださいね。

aki********さん

2018/11/3013:33:01

二人の子育て大変ですね。
上のお子さんが保育園に行っている時に下のお子さんと一緒に少し昼寝をしてみては。
30分でも体が休まりますよ。
子育て頑張ってくださいね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる