ここから本文です

アロキサン糖尿ラットの血糖値低下のメカニズムについて アロキサンを投与して...

mom********さん

2018/12/109:03:44

アロキサン糖尿ラットの血糖値低下のメカニズムについて

アロキサンを投与して膵臓のランゲルハンス島B細胞を破壊したラットを絶食後、グルコース溶液を腹腔内投与して血糖値を記録する実験をしました。

インスリンの分泌ができず、血糖値は下がらないと予想していました。しかし、投与1時間後から、高血糖といえる値ではありますが、血糖値が下がり始めました。
この理由について、まず、計測がうまくいかなかった可能性を考えました。2つ目に、血糖値が上昇したこと(あるいはインスリンが分泌されていないこと?)をD細胞が感知してソマトスタチンを分泌し、グルカゴンが分泌されなくなったためであると考えました。しかし、血糖値の上昇でソマトスタチンが分泌されるという記述が見つけられないので、これは違うのかなと思いました。
質問ですが、アロキサン糖尿ラットで血糖値を下げるメカニズムとしては何がありますか?回答よろしくお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
37
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

iwa********さん

2018/12/118:50:59

腹腔内にグルコースを投与すれば、血糖値は上がります。そして全身のエネルギーとして利用されますから、少しずつ使われるので、血糖値は下がります。

  • 質問者

    mom********さん

    2018/12/200:39:25

    回答ありがとうございます。エネルギーとして利用されて血糖値が下がるのですね。
    実は、質問で記述していなかったのですが、正常ラットでもグルコースを投与して実験したところ、アロキサン糖尿ラットの血糖値の下がり方は、正常ラットよりも急激でした。
    インスリンが組織のグルコース取り込みを促進するので、アロキサン糖尿ラットの糖消費は、正常ラットより遅くなるのではないでしょうか。
    エネルギーとして利用された以外の要因は考えられますか?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる