ここから本文です

大学受験に落ちた。この通りです。今年大学受験を初めてしたんですが、11月17日に...

him********さん

2018/12/118:21:19

大学受験に落ちた。この通りです。今年大学受験を初めてしたんですが、11月17日にあった試験に落ちました。今日ネットで発表されているのを見たら、不合格と出てました。自分で言うのもなんですが、今まで本当に必死

に勉強してきました。 英語と国語だったんですが、驚いたのは、英語が8割、国語が2割くらいだったことです。見たことある問題ばかりで、だいたい解けたと言うのが感想でした。それでもどこかで、やっぱり落ちてるんやろうな、と思ってました。倍率は5倍以上あり、その大学の推薦入試の中でも、自分が受けた学部が一番高い数字でした。正直厳しいかなと思ってました。だからこそあれだけ勉強したのになんでと思うばかりでした。
次一般入試が2月にあります。センタープラス方式で出そうと思ってましたが、出願時期が12月となっていたので、話し合ってからでも間に合うな、というのが正直な感想でした。ですがそれが完全な勘違いで、センター出願とそれとはまた別で、センター自体は9月に出さなければならず、プラスは12月、ということを初めて知りました。ここに来て、本命の大学で迷ってるのが、3科目で受けるか2科目で受けるかです。今まで日本史をしてきたんですが、受けなくていいとなれば、苦手な英語もあるし、もしまた2教科で落ちたらと、怖いです。あとは親にせっかく買ってもらった日本史の参考書も必要なくなり、その日本史をしなくていい間に他の人は一生懸命英語など2科目でしていると思うと、受からない気しかしません。それと友達に、確実に受かると言われた子がいて、その子はもう受かったも同然みたいに頭いいので、他の人がどんどん決まる中、焦りばっかりあります。3科目で受けたらハンデは少ないんでしょうが、問題は勉強の仕方です。あそこまでしたのに、受かれずに、もしかして勉強方法自体が間違ってるんではないか、そうなら今までしてきた努力は無駄だったのか、その間に結果を出してる子供の方が断然有利だ、だったらもう受からないな。なにがあっているのか、わからなくなってきました。会場に入って驚いたのが、偏差値的にはそこまで高くはない大学の推薦入試なのに県内でも偏差値が60くらいある高校の子がかなりの数受けにきていることでした。その時から、もう受からないとは思ってましたが、実際落ちると凹みます。もう完全にやる気をなくし、結果が出なかったことで勉強法に関する自信もなくし、どうでもいいやとなってます。そもそもこの推薦自体、受けることが受験の10日前くらいに決まったものでした。だからそこから勉強はさらに必死にしたんですが…。 勉強法が、そもそも結果が全部出ません。出ないということは、勉強法が間違ってるということでしょうか?自分の友達には、自分のちゃんとした勉強法を持っている子がいて、その子は模試でも偏差値60は軽く超えてます。遊んでいても、なにをしていても、いつもそんな感じで、成績だってオール5です。もともと自己評価が低いのに、出来すぎる子が近くにいるので、さらに比べてしまってどんどん負のスパイラルにはまっていってます。なんでこんな性格なのかは、過去の家族関係に関する質問を見てもらえればわかります。どうすればいいですか?日本史を捨てたら、お金だってかかったし、それを捨てることになる。かといって2教科は、日本史をしている時間も他の人は何倍もその時間に2教科を使っていた。差がついて当然だと思います。2教科の入試は2月17日くらいで、3教科は2月1.2.3日にあります。どっちか迷ってる間も決まってい子はずっと勉強しているとなると、気が狂いそうです。食べ物も喉を通らないです。
迷う前に勉強しろという人もいるかもしれませんが…。とにかく気持ちの切り替えができません。教師には、なんとなく相談しにくいです。先生が苦手だし、もうその子は受かってるでしょうから、顔合わせたくないけど小さな学校なので合わないわけには行きません。父親にもおこられる、どうしたらいいですか……。

閲覧数:
4,673
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kei********さん

2018/12/211:46:42

気持ちの整理が必要かもしれませんね。。。
一度勉強から離れて自分を鼓舞するために他の人の受験録を読むといいかもしれません。
このブログは良いこと書いてますよ!
http://keisan1231.com/

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「大学受験」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nik********さん

2018/12/322:53:32

私は学部が北大、大学院が早稲田のOBです。今は資格試験の勉強で浪人をしています。人生どこで転ぶか分からないと身を以って痛感しています。
不合格だったとのこと、色々とお伝えしたいことがあるのですが、書かせてください。
どうか、この一週間はとことん自分自身の気持ちに付き合ってあげてください。
気持ちを偽る必要はありません。
今のあなたの底知れない悔しさ、悲しみは、必ず明日の糧になります。
今は言いたいことがたくさんあるだろうと思います。
しかし、あれだけ必死に、誠実に勉強してきた自分を、どうかねぎらってあげてください。尊敬してあげてください。
来る日も来る日も、必死になって勉強してきました。その事実を、誇りを、どうか忘れないで下さい。
少なくとも私は、真剣な受験生のあなたを尊敬しています。それは、あなたの文面からも誠心誠意伝わります。
今日はもうすぐ終わります。
そして、すぐに明日がきます。
大切なのは、その明日一日をどう生きるかです。
日々真剣勝負をしていくかどうかです。

ただ、今は理解できないでしょうし、理解できなくて構いませんが、
あなたが今感じている挫折感は、長い長い人生の中では
中島みゆきの「時代」で歌われているように、いつか笑って話せるレベルのことです。
でも、今のあなたは人生が真っ暗になるような足元がぐらつくような崖っぷちの思いでしょう。今後どうしようとか、また落ちたらどうしようとか、友達や好きだった人が先に大学生活を過ごしていて悔しい気持ちもあるでしょう。
その感覚をいましっかりと胸に刻んでください。
人生において起こりうる逆境や試練を回避するために。
又乗り越えて行くためにも。打ち克っていくためにも。
そしてまた人に優しくできるためにも。
本当に挫折を経験した人間は、人の悲しみや苦しみに共感できます。
思いやり、労わることができる。涙の本当の意味を知っている。
又、大人になって別の逆境や試練が来たときに免疫ができている。
その経験を、今後の人生で活かしてください。
一度河島英五の「酒と泪と男と女」「時代おくれ」「旅的途上」でも聴くといいです。
もちろん、今は大学に入学するという目下の目標があるのですから、
まずはそのために頑張ってください。適度な息抜きも忘れないこと。

悲しみや今後の不安で押しつぶされそうになっているかもしれません。
でもね、それは当たり前なんですよ。
受験生なんですから。
とても健全なことなんです。
不合格になって悲しみや不安のない受験生など1人もいません。
大丈夫です。
受験生時代の私だって、一浪しました。死ぬほど悲しかったですし、不安でしたよ。
親や友達の前では意地を張って涼しい顔をしてはいたけれど、実は、1人になると不安でふるえていました。結局、合格するまで全員が不安と戦っています。
気がついていますか。
今の悲しみや不安は、あなたが今まで必死に、誠実に勉強してきたことの証です。適当な勉強しかしてこなかった人は、悲しみや不安など抱かないからです。
今後どうするのであれ、今のその悲しみや不安は、将来必ず大きな糧になります。だから、どうか安心してください。
結果など、気にしても仕方がありません。神のみぞ知ることです。運に任せればいい。今は今後の方針や目の前のやるべきことに集中しましょう。

いい意味の開き直りも大切なんです。この視点は大学入学後も大事になります。
とことん泣いていい、不安になってもいい。
そして、泣いて泣いて不安になるだけなったら、自分の力でしっかりと地面を踏んで立ち上がって進んでください。
それは、あなたが今まで必死に勉強してきた証だからです。
そのことを、誇りに思ってもいいはずです。
また立ち上がって、淡々と国公立志望ならセンター試験や個別試験、私立志望ならセンター試験、私立大学入試の勉強をしましょう。
限られた時間を浪費してはいけません。
悶々としていても、やる気が出なくても、
それを認めながら、しかしそれとは無関係に、どうか淡々と勉強していってください。
コンディションが良かろうと、悪かろうと、
それを認めながらも、淡々と、ひたすら淡々と勉強すること。
それが他に類を見ないほど公平な大学入試を勝ち抜く唯一の秘訣です。
最後にひとつだけ、確実なことがあります。
あなたは、今まで誠実に勉強してきた。
来る日も来る日も、必死になって勉強してきたんです。その事実を、誇りを、どうか忘れないで下さい。
あれだけ必死に、誠実に勉強してきた自分を、正月の時や試験直前だけでも、どうかねぎらってあげてください。尊敬してあげてください。
来る日も来る日も、必死になって勉強してきました。その事実を、誇りを、どうか忘れないで下さい。
かつて私もあなたと同じく受験生でした。だから私は知っています。あなたには、挑戦する強さ、諦めない強さがあります。
だって、あれだけの勉強を日々続ける強さが、あなたにはあるのですから。
一つだけ、忘れないで下さい。
これは、あなたの人生です。
あなたを救えるのは、あなたしかいません。
どうか、あなたの力で、立ち上がって下さい。
私は知っています。
あなたには、その力があります。
あなたには、中学入試か高校入試をくぐり抜け、高校生活を耐え、試験期間や一日一日の受験勉強を耐え抜く強い力があった。
そのことを、どうか忘れないで下さい。少なくとも私は、真剣な受験生のあなたを尊敬しています。さあ、まだ時間はある。
走り抜けろ!頑張れよ!

最後に、これは心の片隅でいいですが、
大学を目標にするのは素晴らしいことですが、常にその先を見てください。
仮に来年大学受験で失敗したと思うなら、次のステージで闘って勝てばいいんです。
どこの学校を出たというのは、たしかに人の人生を支えるものです。
ただ、それは高学歴云々だからではなく、その学校生活の4年間ないし6年間の出会いや経験美しい思い出としているからです。
結局、社会に出て、自分は何をして行くのかが一番重要なことです。
受験生は目先の志望大学、それもできるだけ偏差値の高い大学に行くことに追われているでしょうし、それはそれで全く間違ったことだと思いません。どんどんその調子で勉強してください。ただ、仮に失敗したとして、それが何か人生の失敗やら、ましてあなたの人間性が否定されることでは全くありません。
でも、心の片隅にでもそのことは忘れないでください。
辛くなったら岡村孝子の「夢をあきらめないで」を聴くといいです。
すぐに勉強できます。
青年よ、大志を抱け!Boys be ambitious.
雑草魂を忘れずに。
走り抜けろ!頑張れよ!

rob********さん

2018/12/118:50:51

日本史の偏差値次第っすね。日本史の勉強が進んでいるのなら、日本史を捨ててはいけません。

それより国語の2割を何とかするのが先っすね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

chi********さん

編集あり2018/12/118:39:46

どこに対して答えたらいいかわからないほど、あなたは目の前に小さな悩みをたくさん持ってられますね。
その1つ1つはとても些細な小さなもので、あなたはもっと大きな、受験をして合格をするという1つだけを見る必要があると思います。
つまり、小さいことにくよくよせず、やるしかない、ということです。

まず、二教科か三教科かですが、二教科型は、ご存知の通り、合格点が上がります。二教科に特化した人が受けに来ますからね。
あなたが、苦手な英語?国語?よりも日本史が少しでも余分に解けるのであれば、三教科型にすべきでしょうね。

友達のことは、意識する必要はありません。いま、そんなことに費やす時間はもうないはずです。
また、出願までの期間ももうあまり残されていません。今更勉強法云々言っても、時間の無駄です。日本史以外は過去問のみで良いかもしれません。あとは、今年の私大は厳しいですよ。1ランク下げる、2ランク下げる勇気も持って、いくつも出願すべきでしょうね。頑張ってください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kok********さん

2018/12/118:36:19

浪人しろよ

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

qqq********さん

2018/12/118:23:22

Move Your Heart.

Move Your Heart.

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる