ここから本文です

ミトコンドリア・イブについて気になってることがあるのですが、 たとえば世界中...

bv2********さん

2018/12/309:05:03

ミトコンドリア・イブについて気になってることがあるのですが、
たとえば世界中、全員のミトコンドリアを調査してないのに、

ミトコンドリア・イブが1人と言えるのはどんな仕組みの調査をしてるのでしょうか?

閲覧数:
56
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tan********さん

2018/12/310:06:06

今のところの調査では、例外がいない。
(例外がいれば、ミトコンドリアイブを再定義、さらに遡る)
検証方法が提示され、検証可能であることが科学です。

コイツがミトコンドリアイブだ!他はあり得ない!
と言うのは、宗教であり科学ではない。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

h_e********さん

2018/12/411:47:09

調査の方法というより解析の原理から、何人のデータから始めようと最終的に一人になります。
例えれば、勝ち抜きバトルロワイヤルのようなもので、生き残りが最後の一人になるまで終わらないからです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kir********さん

2018/12/310:48:38

〔ミトコンドリア・イブが1人である理由〕

論理的な帰結だと思います。
ミトコンドリア・イブが2人いたと仮定すると、その2人の女系の共通祖先があるはずなのでそちらが本当のミトコンドリア・イブになります。つまり、ミトコンドリア・イブが2人以上いることはありえません。

もし女系の共通祖先がなかったら?と聞くかもしれないが、これはいくらでも過去にたどれるので女系の共通祖先がなかったら動物のミトコンドリアの起源が複数だったことになります(動物のミトコンドリアの起源が複数だと考えられる現象は見つかっていません)。

ミトコンドリア・イブが1人かどうかが問題なのではなく、現在の人類にとってのミトコンドリア・イブが何年前のどの地域の人だったのかを推定して人類の起源を研究することが課題です。

疑問点などがあれば返信してください。

プロフィール画像

カテゴリマスター

exh********さん

2018/12/309:34:03

人類はアフリカ発祥で、小さな血縁集団単位で移動し、何世代も掛けて生息域を拡大した結果、約5万年程度で世界中に広がりました。

つまり、現在「人種」などと呼ばれるグループは、基本的には、かつて「親戚一同」くらいの小規模な血縁集団が子孫を増やしたものです。
DNAの研究が進展してからは、それまで人種差別思想に基づいて分類していた「人種」が、実際の遺伝子上でのグループとは異なることもわかりました。

そのため、アフリカからの人類の大移動の起点となった各グループの子孫を調べると、個人レベルではなく、根本的な系統のことは少ない人数から推定が可能なのです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる