ここから本文です

池田大作と公明党

red********さん

2008/10/1910:17:30

池田大作と公明党

昭和47年6月15日の社長会での言葉
「本当は全体主義は一番理想の形態だ」
昭和51年11月16日の公明党議員との記念撮影での言葉
「天下をとれることが少し私には見えて来た。
天下をとらない党なら、やる必要はない。
私がひかえているから心配するな」

この言葉の意味するものはなんですか?
日本を北朝鮮の様な個人崇拝の独裁国家にでもするつもりでしょうか?

閲覧数:
301
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bor********さん

2008/10/1911:51:55

元学会員です

創価学会の目的はいわゆる [王仏冥合]おうぶつみょうごう と言います

すなわち 国の政治も宗教も 創価学会が やる!と言う事です。

創価学会が 国を治め、邪教(学会以外)を認めない。

これが学会の究極の目的であるのは言うまでもない。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

asa********さん

2008/10/1918:10:43

多分そういうことだろうと思います。

今の天皇陛下に代わって象徴的存在になりたいのでしょう。

創価学会は池田大作氏の私党であり創価学会=公明党です。

goz********さん

編集あり2008/10/1910:57:02

創価学会は信心エリートを作り、役職で分け末端会員を馬鹿にするのです。撮影会はその際たるものでした。選ばれた人が先生と写真を撮った、前列は膝をおって先生を待つ、先生は特別ですから椅子に座り、ちゃんと序列を示し、悦に言ってました、選ばれた人は喜び、自慢してました何せ選ばれて一緒に写れたんですか、自分が公明党の頂点に立ち私なくして天下は取れないといったのでしょう。しかし少なくとも生きてる間には実現はしない。このような写真を持った方は当時の信心エリートの方々で同じ写しかたをしたものが他にもあります。70代80代の方は今でももっていると思いますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる