ここから本文です

エネルギーの保存とエネルギーの変換の関係を「変換効率」という言葉を使って説明...

tak********さん

2018/12/1322:00:04

エネルギーの保存とエネルギーの変換の関係を「変換効率」という言葉を使って説明する場合どのように説明したらよいですか?
教えてくださいお願い_(._.)_

補足教えてくださいお願いします_(._.)_

閲覧数:
22
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuk********さん

2018/12/1409:14:36

エネルギーを別のエネルギーに変換する場合、エネルギーの保存の関係から全体のエネルギー量が増減することはない。しかしエネルギーを変換する場合に必要なエネルギーを100%得ることは通常できず、なにかしらのロスとなる別のエネルギーにも合わせて変換される。例えば電気エネルギーを照明の光エネルギーに変換したい場合、熱というロスが生まれる。ここで、投入したエネルギーと必要な形に変換されたエネルギーの割合を変換効率という。先の例では変換効率=光エネルギー/投入エネルギーとなるまたは変換効率=(投入エネルギーーロス)/投入エネルギーとなる。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる