ここから本文です

ボートトレーラーのホーシングは自作できますか?廃番になっているのか、純正部品...

bla********さん

2018/12/700:08:22

ボートトレーラーのホーシングは自作できますか?廃番になっているのか、純正部品がなくて困ってます!トレーラーはロードライトトレーラーの普通車になります。
知恵をお貸しください。

閲覧数:
84
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jun********さん

2018/12/706:50:53

ホーシングとはアクスル(車軸)の事でしょうか?

市販品の一例
https://www.sea-marine.com/parts/ashi/hosing2.html

部品が無い場合は、市販のアクスルを切り貼りして加工する方法やハブ(単体で売っていて溶接加工かアクスルにボルト止めする前提の物、私が使うのは受注生産の輸入品で注文から数か月掛かる)に角パイプなどを溶接して作る方法があります。

いずれもトレーラー向けに作られた物であれば、耐荷重だけ気にして物品を選定すれば、ご近所の鉄鋼場でも同等かそれ以上の荷重に耐える物品は作る事が出来ると思いますよ。

逆に、サスペンション構造の受け部分の採寸(当然1mmでも合わないと付けられない)が出来なければ制作は出来ませんから、たまたまその車両の同じパーツを作った事でもない限り、遠くの業者に文章と写真だけで丸投げして作らせる事は出来ません。

市販のトレーラーは詳細な図面が公開される事が無い車両です。
図面さえあれば街の鉄鋼場でいくらでも複製品が作られてしまう車両ですから、これは当然です。

うちで作れるのかと言われると、同等の耐荷重の物品を作る事は多分出来ると思いますが…

同等の耐食性のある物は多分作れません。
以前は亜鉛メッキに出していましたが、最近価格高騰と納期の遅延の
影響で余程時間とお金に余裕のある方にしか対応できていません。

納期がかなり掛かりますし、ご近所ではないでしょうから、うちで修理するのは持ち込むだけで金額が合わないと思います。

また、私は鉄鋼場の溶接専門の技能者ではありませんので、鉄鋼の腕は中堅の溶接工程度でしかありません。

細かい事を気にされる方や、熟練工の技術を期待される方は、鉄鋼場で作ってもらう方が良いと思います。

ご近所のごそうショップさんで対応出来ないケースであれば、鉄鋼場の方にご相談になってみて下さい。

鉄鋼場では車体向けの塗装には対応してくれないケースがありますが、多くの事業所では亜鉛メッキのお取り扱いはあるそうです。

車軸その物が腐食して破損した事を想定した回答で、ベアリングの破損やブレーキパーツの破損であれば、パーツを製造しているメーカーから部品が出る可能性がありますし、同等の能力の物品を他のメーカーが製造している可能性があります。

(トレーラー屋が作っている訳ではないので、トレーラー屋が倒産してもパーツが出る可能性がある)



もしもご自身でアクスルを製造なさるのであれば、必ず厚物溶接に対応できる溶棒式のアーク溶接機を使ってガッチリ溶接して下さい。

電流値が120Aくらいでも溶接出来ない訳ではありませんが、1回で溶接しきらなければならないので、最低でも200~250Aクラスの事業用溶接機をお使いになって下さい。

溶接機をケチって失敗した例を何件も知っていますし、私が制作する時も、半自動や家庭用溶接機では強い物品の制作は難しいです。

質問した人からのコメント

2018/12/7 09:42:43

かなり、詳しい情報ありがとうございます!かなり参考になりました!アクスルの寸法を測り、1番サイズが近いメーカー品にリーフスプリングマウントを溶接してもらおうと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる