ここから本文です

なぜ藤原百川は光仁天皇(白壁王)を擁立したのですか?

rap********さん

2018/12/713:39:22

なぜ藤原百川は光仁天皇(白壁王)を擁立したのですか?

ずっと藤原一族は天武系の天皇たちと関係を持って来たのに…

補足なぜ白壁王を選んだのかも、分かりやすく簡潔に、教えてくれたらありがたいです。

閲覧数:
90
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kjy********さん

2018/12/716:09:04

本命は桓武天皇となる長男の山部王とされています。

百川の義妹が後の桓武天皇皇后となっていることから明らかです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wak********さん

2018/12/909:35:35

だってもう天武系の皇子がいないんだもの、、、
内紛で殆どが粛清、怖い怖い、、、、
白壁王の妃は聖武天皇の内親王ですし。
でも孝謙(称徳)天皇で懲りたのかもしれません。
光仁天皇実現すると、早々に井上内親王は排斥されてしまいます。(なぞの死、、、)
で、後宮に娘を送り込みます。
もう系統とかどうでもいい、自分たちが支配できれば、という感じでは。

zeu********さん

2018/12/715:09:34

いや、だって天武系の直系の血が絶えているからですよ。

聖武天皇は結局、男子が全員夭折してしまった娘しかいなくなってしまった。
藤原氏の頼りはもはや光明皇后のみ。

称徳女帝は何と自分の後継者を道鏡にしたいなどと言い出す始末ですからね。

他の貴族も自分たちの血縁がある皇族を後継者に押してくるは必定なので、ここは藤原四家(特に式家と北家)は結束して御しやすい白壁王にしました。

藤原氏の本当の狙いは光仁天皇の王子だった山部親王。後の桓武天皇です。
山部親王は皇太子ではなかったため、光仁天皇の皇后となった井上内親王と皇太子であった他戸親王を天皇呪詛の疑いで自殺に追い込み(暗殺説あり)、この際ということで藤原氏は天智系天皇へ乗り換えました。

平城京は天武系天皇の都なので、藤原氏にも都合が悪く、天智系の桓武天皇も嫌っていたため遷都の動きとなります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる