ここから本文です

全商簿記の1級会計についてなのですが、 社債償還の計算方法が全然わかりません(...

rck********さん

2018/12/816:42:07

全商簿記の1級会計についてなのですが、
社債償還の計算方法が全然わかりません(;;)

〈問題〉次の条件で発行した社債¥500,000のうち、額面¥100,00を発行後5年目の初頭に¥100につき¥96で買入償還し、小切手を振り出して支払った。なお、社債は償却原価法により評価している。
〈発行条件〉額面総額¥500,000 払込金額¥100につき¥95 償還期限10年 利率年3%
〈仕訳〉(借)社債 97,000 (貸)当座預金 96,000 社債償還益 1,000

という問題で、解答には「発行時の差額→1年分の社債利息配分額→5年目初頭の社債の償却原価→社債の金額(97,000)」という式でした。(→は解く順番です;)


次に同じ形式の問題を解いてみたら全く解答とあっていませんでした。
同じ形式といっても支払方法が小切手ではなく定期預金でした。私は当座預金のところを定期預金に変えるだけじゃだめなんか?・。・?と全く理解できません。しかも解答は前回のような長いときかたではなく、「額面×払込金額(例¥99)÷¥100+額面×(¥100-¥99)÷¥100÷償還期限×買入償還するまでの年数→社債の金額」という式でした。しかも計算しても解答と同じ答えが求められませんでした。ほんとなんなの?


まとめると、①当座預金と定期預金だったら計算方法は変わるのか ②この2つの解き方の違いは何か です。先生に聞こうにも先生が忙しくてなかなか教えてもらうことができなかったので質問しました~~~~~(;;)

閲覧数:
72
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2018/12/903:47:19

こんばんは、
①当座預金と定期預金だったら計算方法は変わるのか
は、変わらないです。

②この2つの解き方の違いは何か です。
は、
オカシイ部分はありますが、同じ解き方だと思います。

「額面×払込金額(例¥99)÷¥100+額面×(¥100-¥99)÷¥100÷償還期限×買入償還するまでの年数→社債の金額」
って、ホントに書いてありました?
( )が足りないないように思うのですが。

額面が100、払込金額が99ということは、99%ですよね?
つまり式の前半は、
100円×(99÷100)=99円
という意味ではないでしょうか?

式の後半、+の後の部分は、
100円×(1円÷100円)÷償還期限×買入償還するまでの年数
という意味ではないでしょうか?
カッコが、足りてないですよね。

最初の問題に当てはめてみると、
100,000円×(95円÷100円)+100,000円×{(100円-95円)÷100円}÷10年×4年
=100,000円×95% + 100,000円×5%÷10年×4年
=95,000円+5,000円÷10年×4年
=95,000円+2,000円
=97,000円
となり、一致します。合っています。

  • 質問者

    rck********さん

    2018/12/1220:01:34

    はえーなるほどわかりました!!!丁寧な説明ありがとうございますm(_ _)m

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる