ここから本文です

①『かぎりに』と『かぎりで』の使い分け方を教えてください。 その話はこの場『...

dai********さん

2018/12/1011:55:52

①『かぎりに』と『かぎりで』の使い分け方を教えてください。

その話はこの場『かぎりに』してくれ。
その話はこの場『かぎりで』忘れてくれ。

②『をかぎりに』と『かぎりで』の使い分け方を教えてください。
今日『をかぎりに』たばこを止めよう。
今日『かぎりで』たばこを止めよう。

意味は全く一緒なのに、使い方が違うことに戸惑っています。例文等を使って教えていただけませんでしょうか。宜しくお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
23
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

asu********さん

2018/12/1123:46:02

格助詞「に」は時間的・空間的な位置付けの認識を表します。

その話はこの場『かぎりに』してくれ。
今日をかぎりにタバコを止めよう。

では、「かぎり」を空間的、時間的に位置付けています。

家にいる。
机の上にある。
来週に休日がある。

は、空間的な位置付けの意識が「に」で示されます。

父にめぐりあう。
東京に行く。

では、並んでいない状態から並ぶ状態へ移行するという移行の結果や移行の過程を含んだ位置付けという意識で使われています。


格助詞「で」は理由・手段・原因の認識を表します。

その話はこの場『かぎりで』忘れてくれ。
今日かぎりでタバコを止めよう。

の場合は、手段・条件として「この場かぎり」を捉え表現しています。

このように、格助詞「に」と「で」では話者による対象の捉え方が異なり、意味が異っています。■

質問した人からのコメント

2018/12/14 12:02:39

分かりやすい解説ありがとうございました!またよろしくお願いします!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

oji********さん

リクエストマッチ

2018/12/1119:13:04

「に」は、”時・場所(場面)の指定”の「に」です。
https://kotobank.jp/word/%E3%81%AB-590835#E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.9E.9...

「で」は”期限・限度”の「で」です。
https://kotobank.jp/word/%E3%81%A7-573220#E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.9E.9...

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる