ここから本文です

Windows10エラーコード0xc0000034について

xmf********さん

2018/12/1601:26:08

Windows10エラーコード0xc0000034について

NECのノートパソコンです。
さっき外付けHDDのEFIパーティションを削除しました。
電源を切って、しばらく時間がたってからもう一回電源をつけると、突然ブルースクリーンで「エラーコード0xc0000034」などの記述が表示されました。

はじめての事で焦っていますが、やはり、外付けHDDのEFIパーティションを削除したのが原因でしょうか。。

外付けHDDは一つで、内蔵はSSDです。

対処法を教えてください。
リカバリディスクはあります。

内蔵のSSDについてですが、それについては全くいじっておりません。。
EFIやOEMパーティションも存在しています。。

調べた情報をもとに、
Win10のトラブルシューティング画面?は起動するので、コマンドプロンプトで
①「bootrec /fixmbr」
②「bootrec /fixboot」
③「bootrec /rebuildbcd」
を順番に入力し、実行すると、それぞれ
①→「操作は正常に終了しました」
②→「アクセスが拒否されました」
③→「Windows の インストールとして認識された合計数: 1」
と表示されます。


②について、こちらのサイト
https://www.disk-partition.com/jp/windows-10/fixboot-access-denied-...

の方法1を試そうと考えていますが、EFIパーティションの文字というのを覚えていません。というか、何かわかりません。ドライブ文字とかだったらCですが、パーティションの文字など、なかったようにも思います。

閲覧数:
194
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2018/12/1602:38:00

先ず、外付けHDDは外したままにしてください。

トラブルシューティングから、コマンドプロンプトを開き、
> bcdboot C:\Windows /l ja-jp
とコマンドを打って、実行してください。
これで内蔵SSD内のEFIパーテーションにBCDが改めて作成されます。

>exit
でコマンドプロンプトを終了し、再起動すればよいでしょう。

通常はこれでWindowsが起動するようになるはずです。

ただ、気になったのは、Windowsがインストールされている内蔵のSSDにEFIパーテーションが存在しているのだから、そのSSDはGPTディスクであるにもかかわらず、bootrec /fixmbrのコマンドを実行し、「操作は正常に終了しました」となっていることです。GPTディスクの先頭セクタに存在するProtective MBRが書き換えられていなければ、よいのですが。当然ながら、MBRを修復するコマンドをGPTディスクに行ってはいけません。

詳細は省きますが、通常のMBRに書き換えられているならば、このSSDはWindowsではMBRディスクと認識されます。従って、上のコマンドでもWindowsは正常に起動しないでしょう。

そうなると、MBRディスクをGPTディスクに変換する手立てがいくつかあるので、それを検討するしかありません。

それにしても、なぜ外付けHDDにEFIパーテーションが作成されたのか。近時のノートPCでは時折聞く現象です。

  • chi********さん

    2018/12/1602:56:47

    上のコマンドでWindowsが起動しない場合、同じくトラブルシューティングからスタートアップ修復を試してみてください。GPTの修復に成功することがあります。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/12/16 16:08:22

本当にありがとうございました。
自分でも考えてみて、詳しい原因が分かった気がします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる