ここから本文です

カンタス航空で オーストラリアに行こうと思っているものです。 普通のエコノミー...

アバター

ID非公開さん

2018/12/1614:04:04

カンタス航空で オーストラリアに行こうと思っているものです。 普通のエコノミーで行くのですが、

オーストラリアに1年滞在する予定なので 荷物が多めになりそうで心配です。

インターネットのサイトで調べて 制限を確認しましたが、 受託は30キロまで無料と書いてありました。(間違っていたらごめんなさい)

初めてなので色々準備して30キロ以内に収め用と思います。(語学学校に通う予定です)ここで1つ確認のしたいのですが、みなさんが一年 海外 に過ごすとなると エコノミーで30キロ以内で収めるのは普通のことなのでしょうか? それとも 一年なら もう少し 例えばビジネスを利用して余裕を持たせるのが常識なのでしょうか?
初めてなので常識知らずですが、 みなさんのご意見をいただきたいと思います。
なお 細かい事( 目的によって人それぞれなので、
なにを持っていくかによって変わります。)などの意見ではなく、みなさん自身の経験や常識をアバウトに教えてくれたらありがたいです!
特に自分は変わったものは持って行かず シンプルに生活に必要な物だけを持っていく予定です。

閲覧数:
117
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

nek********さん

2018/12/1616:22:58

30キロはむしろかなり多い方です。

以前は飛行機の荷物制限は20Kgの所が多かったのでそれに収まるようにみんな考えて選んでましたよ。まして日用品は日本よりは質が下がるけどなんでも現地で購入できますし。

逆に家具付きのシェアハウスやホームステイで過ごす事になるでしょうから、服と身の回りの物(歯ブラシや化粧品、コンタクトケアなど)とパスポート、筆記用具、ラップトップ以外に何が必要かって話ですね。

帰りにお土産買ったり現地で買った本なども増えますから、20キロちょっとになるよういらない物を削っていくのをお勧めします。いるかどうか迷った物は持っていかなくていいです。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pak********さん

2018/12/1622:21:52

オーストラリアのどこへ行くのですか?

2度旅行で行っただけですが、オーストラリアも先進国ですから、行った範囲ではどこもスーパーやショッピングモールがあり、大抵の日用品は日本とそう変わりませんでした。服や靴など雑貨も手に入ります。
食料は、体格のある白人世界らしく、肉の切り身はビックサイズでした。

化粧水やクリーム等コスメ類はむしろ、日本に無いオーガニック製品が多く、あれこれ試してみたくなります。肌に特にアレルギーが無ければ、オーストラリア製のオーガニックコスメを楽しむのも良いです。

私が行ったのは、ケアンズ、ゴールドコースト、シドニー、エアーズロック、アリススプリングス、ダーウィンです。
シドニーではウールワースWoolworthsというスーパーで買い物をしました。

オーストラリアに限らず欧米ではレジ袋はもらえない方が多いので、エコバックが必要です。
回答を投稿した別の質問でみた他回答によると、オーストラリアでは数年前にレジ袋が廃止されているそうです。ウールワースの店内でエコバックも販売されており、日本人修学旅行生がオーストラリア土産にエコバックを買うのをよく見かけるそうです。

tem********さん

2018/12/1616:13:15

持って行く荷物が30kgに納まらないからといって、重量制限の緩やかなビジネスクラスにする必要はなくて、

①エコノミーのままで、制限重量を30kgを越えた分は追加料金を払う

②クロネコや日通のような業者を使って別送する

のどちらかでいいのです。

カンタスのサイトによれば、追加料金は5kgにつき10600円とのことです。↓から、仮に10㎏で2万円払っても、ビジネスに乗るよりはずっと安く済みます。
https://www.qantas.com/jp/ja/travel-info/baggage/additional-baggage...

別送の料金は、ザックリでみかん箱サイズで1万円くらいなので、こちらの方が少し割安かもしれません。ただ、ホームステイ先が既に決まっているなど、荷物の送り先があることが条件になります。

海外手当がたっぷり出るサラリーマンの海外赴任と違って、留学なら、既に持っているものはそれで済ませたいというのもうなずけます。

例えば、送料1万円で送れるだけの衣類を向こうで買ったら、たぶん1万円では済まないでしょう。

が、「重さは金なり」ですから、送料と相談して、持って行くものと向こうで買うもの、なくて済ませるものを選ぶ必要があります。

小生が海外赴任した時は、衣類や日用品は預け荷物の範囲で済ませましたが、仕事に必要な本や資料がかなりあったので、結局みかん箱で3箱、クロネコの「留学宅急便」で赴任先のオフィスあてで送りました。

sdc********さん

2018/12/1614:35:03

現在海外へ留学中ですが私は預け荷物20キロでもこちらで十分生活できているし特別新しく買った物はシャンプーやトリートメント、あたりまえですが食料品と洋服数着のみです。

周りの子たちは30〜40持って来るのも普通なので自分次第だと思います。

tak********さん

2018/12/1614:15:43

シンプルに生活に必要なものも人によっても変わるので、自分目線での話ですが、海外駐在に来た時に、別途引越し荷物として送ったうえで、45キロ位機内預け荷物で持ってきました。
機内預けにしたものは、自分目線ではシンプルに必要なものだけです。
引っ越し荷物は趣味の物とか、すぐに着ない冬物の服とかを送りました。

30キロだとかなり限られてくると思います。

mor********さん

2018/12/1614:10:16

生活に必要なものは現地で買えば良いのです。
現地で買えない物だけ持って行くのが利口なやり方です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる