ここから本文です

再犯防止推進法という法律が成立、施行され、今後再犯が減るのかどうかわかりませ...

ckd********さん

2018/12/1722:35:49

再犯防止推進法という法律が成立、施行され、今後再犯が減るのかどうかわかりませんが、
司法と福祉の連携も言われていて、これまで再犯せざるを得なかった人が福祉によって救われるのかもしれません。

この法律はホームレスなどの社会的弱者にとって得なのでしょうか?
日本政府にとっても受刑者が減り、刑務所運営経費が減って得なのでしょうか?

閲覧数:
14
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dow********さん

2018/12/1907:11:02

「ホームレス」を一括りにできませんが,例えば冬場の雨(雪)風を凌ぐのに,相応の時期にあえて無銭飲食,無賃乗車等軽度の犯罪を犯して,衣食住・医療付きの刑事施設に収容されてくる人たちは少なくありません。
累二十数入,なんて人もいます。
こういう人たちを刑事処分でなく,福祉で手当てをすべきとしたのがこの法律の主旨の一つです。
より適したセーフティネットを用意する意味でしょうから,ご本人によっての損得は関係ないでしょう。
またコストの点で見ると,刑事施設は減るでしょうが,福祉に係る費用は増えるでしょうね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる