結局、サトノダイヤモンドも例に漏れず早熟ディープインパクト産駒 でしたね?

結局、サトノダイヤモンドも例に漏れず早熟ディープインパクト産駒 でしたね?

競馬118閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

サトノダイヤモンド は、馬体と、走るフォームが好きで、 とてもお気に入りの馬だったのでちょっと残念です。 京都大賞典の時は本命で買ったのですが、 それが最後になりました。 同期のマカヒキと同じようになってしまいました。 同じディープ産駒のダービー馬であるワグネリアンはどうなっていくでしょう。

その他の回答(5件)

0

私の感覚としては、ディープ牡馬というのは「失敗」の代名詞だ。なぜ 『ディープは牝馬』 っていう競馬の法則みたいなのがはやらないんだろうか?

0

藤沢先生が仰るに、もともと2歳では緩くて仕上げに時間がかかると。無理に仕上げてしまうので伸びしろが無くなる。だから個人馬主のディープ産駒を預かりたいと言っていました。スピルバーグみたいな印象かもしれませんね。3歳でも秋以降に使いたいそうです。

0

早熟以上に クラシックの相手が実は低レベルだっただけな 気もする あの有馬はあくまでサトノのコンビプレイ

0

凱旋門賞に行った後からダメになりましたよね…… クラシック三冠を取れるくらいの力がないと結局は凱旋門賞は勝てないと思います!