ここから本文です

魚雷って現代の海戦においてどの程度使えるのですか?最新鋭の軍艦は水密区画があ...

アバター

ID非公開さん

2018/12/2701:03:33

魚雷って現代の海戦においてどの程度使えるのですか?最新鋭の軍艦は水密区画があるので、撃沈させるには全部の水密区画を破壊する必要があり、10個の水密区画があるなら最低10発命中させる必要があり、しかも、異な

る水密区画に命中させないといけないのでかなり難しいと思います。そう考えると、魚雷は撃沈をねらうより、船体にダメージをあたえ、修理のための帰港を余儀なくする程度なのかと思います。
結局は、横付けして特殊部隊を送り込み、銃撃戦の上、乗っ取るしかないですかね?

閲覧数:
153
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gbu********さん

2019/1/100:15:49

最近の魚雷は、直撃させるのではなく舟底近くで爆発させて、バブルパルスでダメージを与えるのだが。

魚雷への対抗手段は、対艦ミサイルより限られているし。


https://www.youtube.com/watch?v=7vaImLvZbPw

フリゲート、駆逐艦クラスの船なら一撃必殺で真っ二つにできる。

対艦ミサイルは居場所を暴露する可能性が高く。運用は可能でも、対艦ミサイルを下ろした潜水艦もある。

アメリカの原潜、イギリスの原潜、オランダの潜水艦、などは運用は可能でも現在、搭載はしていない。米海軍の原潜は最近、リムパックで10数年ぶり?にハープーンの試射をしていたけど。
イタリアの改サウロ型の後期艦は対艦ミサイルの運用能力を付与されているけど、搭載はしていない。

最近の魚雷は、直撃させるのではなく舟底近くで爆発させて、バブルパルスでダメージを与えるのだが。...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

max********さん

2018/12/2714:33:40

近い所じゃ韓国警備艇沈没事件がありますね。
船底での魚雷の爆発です。

大韓民国海軍の浦項級コルベット天安が2010年3月26日に北朝鮮軍の攻撃で沈没させられた事件である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E5%AE%89%E6%B2%88%E6%B2%A1%...

プロフィール画像

カテゴリマスター

kaz********さん

2018/12/2713:22:17

chi********さん、hd7********さん指摘の通り、現在の魚雷攻撃は艦艇直下での水中爆発によるバブルの膨張と収縮を繰り返すバブルパルスにより発生するジェットにより船体を切断破壊することでダメージを与えます。

バブルパルスによる衝撃波は爆発による衝撃波よりも大きな破壊力を持ちますし、現在の軍艦は一撃を受けると機能停止するぐらいの紙装甲と言われるぐらい薄い鋼板が使われています。

chi********さん、hd7********さん指摘の通り、現在の魚雷攻撃は艦艇直下での水中爆発によるバブル...

iik********さん

2018/12/2703:32:39

またどっかで変な説明かなんかに当たっちゃいましたね。

その理屈でいくと、「戦艦大和」を沈めるには、魚雷「1147発」が必要ということになりますね。
でも、実際には、米軍の最大数字でも30数発の魚雷で沈んでいますよ。

また、最近の艦船は、巨大な徹甲弾の直撃、といった損害はもう考慮していませんから、被弾しちまったらの耐弾性は、むしろ旧式艦よりも脆いはずですよ。

もうかなり古い話ですが、1982年のフォークランド紛争では、イギリス海軍のミサイル駆逐艦、1970年製の「シェフィールド」は、たった1発のしかも「不発ミサイル」によって炎上、沈没、同「コヴェントリー」も爆弾3発で転覆してしまいました。
被害を拡大したのは新素材のアルミ装甲だったとされています(当時の報道は大げさだったとはいえ、です)。

むしろ、1938年製とはいえ、鋼鉄装甲の1万トン級巡洋艦「ヘネラル・ベルグラノ」は、武装はともかく防御は侮れないとみられていました、それでも魚雷2発の命中で沈んじゃいましたけれどね。

ともかく、「魚雷」は当然ながら、現在でも侮れない兵器であり、タイタニック号を沈めたただの氷の塊とは違うのですから、「水密区画1個しか破れない」なんてケチなもんではありません。
それこそ、他の方が出している「艦底爆発」なんか起こせたらすっごいですよ?!

ともかく、その知識の入手先の本などはすぐに始末して、もっとましな情報を探しましょう!

hd7********さん

2018/12/2702:02:50

現代の長魚雷は敵艦の舷側ではなく、船底部で爆発します。

船底部の真下で300kg近い高性能爆薬が爆轟して、まず下から強大な圧力波"バブルパルス"で艦全体を突き上げます。これだけで小型の船は折れるでしょう。
10m~20mほどに膨らんだガスバブルは、周囲の海水でひやされ、激しく収縮します。排除された海水はすぐには戻りませんが真空になった巨大空間に下方から大量の海水が上昇突進し、真空を埋めた後も激しい衝撃となって船底部を下から突き上げます。
既に一度突き上げられて艦体各部が弱くなっている所に加えられた強大な逆方向の衝撃で、艦体は抗しきれず折れて轟沈します。

米原子力空母級の船体が折れるかどうか分かりませんが、折れずとも艦底に巨大な穴が開く事だけ確かです。


ちなみに「10個の水密区画があるなら最低10発命中させる必要があり」は間違いです。
船が浮かんでいられるのは浮力が自重を上回っているからで、通常状態では浮力 - 自重 = 余剰浮力 となっていて、10個の水密区画は浮力の合計ですが、浸水により余剰浮力分の2-3区画が失われれば、船は 浮力< 自重 となって沈みます。



オーストラリア海軍の行った演習で、魚雷攻撃で真っ二つになって爆沈する駆逐艦の画像

現代の長魚雷は敵艦の舷側ではなく、船底部で爆発します。...

chi********さん

2018/12/2701:30:01

https://youtu.be/7vaImLvZbPw

この通りです

真っ二つにしちまえば水密区画もクソもないんですよ

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる