ここから本文です

事故の補償についての質問です30代の女性です。、青信号で横断歩道を渡っている時...

abc********さん

2019/1/408:19:21

事故の補償についての質問です30代の女性です。、青信号で横断歩道を渡っている時に車にぶつかり、ころんで、ひたいに傷をおいました。

傷は治ったのですが、点々店、と傷跡が残りましたが、相手の保険会社は3センチに、満たない傷跡は補償の対象に、ならないと言われました。顔に傷跡が残ったのに補償してもらえない事があるのでしょうか。保険に詳しい方お願いいたします。

閲覧数:
96
回答数:
8
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aj3********さん

2019/1/412:01:40

>相手の保険会社は3センチに、満たない傷跡は補償の対象に、ならないと言われました。
→顔面醜状の後遺障害等級認定の目安は3センチ以上の線状痕ですが、3センチ無くても目立つ傷跡(すれ違ったとき8割以上の人が傷があるとわかる場合が一例)であれば後遺障害が認定される可能性がありますので、後遺障害診断書を書いてもらって後遺障害等級認定申請をしてみてください。申請すれば調査事務所の担当者が面接をして目立つかどうかを確認するとともにカラー写真を撮っていって審査会にかけ、認定可否を決定します。
(後遺障害補償を請求するには後遺障害等級が認定されることが必須です。)

>顔に傷跡が残ったのに補償してもらえない事があるのでしょうか。
→少なくとも後遺障害診断書がないと「交通事故により顔に傷が残った」ことの客観的な証明になりません。(補償を要求するには根拠の証明が必要)
後遺障害申請して非該当になった場合には、傷害慰謝料の割り増し(認められたとしても通常慰謝料の1~2割増が限界かもしれません)という形での請求は可能なので、示談交渉の際に増額理由として主張してみる価値はあると思います。

質問した人からのコメント

2019/1/8 16:56:43

勉強になりました。ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bik********さん

2019/1/412:20:24

まぁ大方回答は出ているので省略します。
実務としては、美容整形でもいいので、キズ消し手術の見積もりを取り明確な金銭解決でケリを着けた方が賢明です。

30代で顔のキズは心の傷より痛いのです。
でも、キズは時間の経過で日々薄くもなり、化粧でも何とかは出来ます。

後遺症というのは保険会社からすれば、いつまでなんだよ~~が本音。
だから、解決策としては金銭解決が一番明快です。

丁寧に落ち着いて、あっさりシツコク交渉を。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mis********さん

2019/1/411:19:02

たいした顔じゃねーんだし、気にすんな。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hir********さん

2019/1/411:01:37

>顔に傷跡が残ったのに補償してもらえない事があるのでしょうか。

答え 保険会社は、自賠責の後遺障害認定基準に従って、保障しています。
その認定基準に満たなくて、自賠責から後遺障害として認定されなかった場合は、任意保険会社は後遺障害の補償をしません。

しかし、それは単に自賠責の認定がないだけであって、現実に後遺障害があり、任意保険会社が補償をしてくれない場合は、加害者本人に後遺障害について補償を請求できます。
加害者が素直に、貴女の請求に応じてくれればよいのですが、応じてくれない場合は、貴女が裁判で、加害者に請求することになります。

その場合、見た感じとして、どれくらいの醜さなのかによって、裁判官が後遺障害に当たるかどうかを判断します。

自賠責の基準では3センチの傷で12級ですが、それほどでもないが、後遺障害があると判断すれば、その損害の支払いを加害者本人に命じることになります。
参考意見
本当に、後遺障害と呼べる傷跡があるのかがポイントです。
また、裁判に協力してくれる弁護士を見つけられるかということもあります。
法テラスに相談して、弁護士を紹介してもらう方法もあります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

dou********さん

2019/1/409:45:16

後遺障害として認定されなければ補償の対象にはなりません。
女性の場合、顔に残った傷跡などは後遺障害として認められやすいですが、それも一定の基準というものはあります。詳しいことはわかりませんが、後遺障害として認定されないかぎり補償する義務はないのです。

因みにこの後遺障害を認定する期間は保険会社ではなく自賠責保険調査事務所です。
保険会社は単に窓口として対応しているにすぎませんが、過去の事例や経験上から3センチ未満の傷だと認められないという見解なんだと思われます。
どうしても納得できないならば、医師に後遺障害申請の診断書を書いてもらい自賠責保険調査事務所に申請してください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqr********さん

2019/1/408:45:15

あります。

傷跡など後遺症として扱われますが認められるのは後遺障害に申請して認定された場合です。

ただ申請したとして傷跡など後遺症があっても認定基準に達してなければ認定されず認定がなければ補償の義務も発生しません。

傷跡にしても認定基準の大きさに達してなければ許容範囲として認定はされませんし傷跡でなくても痛みなど残っても認定されないなんてこともありますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる