ここから本文です

英語のアルファベットは日本語の漢字と違い表音文字であるにも関わらずアルファベ...

iul********さん

2019/1/722:28:29

英語のアルファベットは日本語の漢字と違い表音文字であるにも関わらずアルファベットと発音記号がマッチしていません。

なんでこんなに非効率的なのでしょうか?

一つのアルファベットで一つの文字を表現できるようにすればいいのにと思ってしまいます。

閲覧数:
53
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/1/802:10:38

スペルで昔の音声が分かります。

かつて、一致していましたが、
グーテンベルクの印刷術の発明で
スペルの紙上での固定が始まる頃から
英語の音声が劇的に変化したため
スペルと発音の食い違いが生じたが、
改革も無いという経緯があります。

i は /iː/ でしたが、[ai] に、
u は /u/ でしたが、[ʌ] に、
oo は /oː/ でしたが、[uː] に、
a は /aː/、ai は /æːi/ でしたが、[ei] に、
ee は /eː/、/ea/ は /ɛː/ でしたが、[iː] に、...などなど。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jok********さん

2019/1/723:03:05

それはアルファベットが英語の文字ではないからですよ。
アルファベットは、ローマ字というように、ローマ帝国の文字です。ローマ帝国の言語は、ラテン語です。ラテン語を表記するための文字です。だから、発音と文字は一致しています。そのラテン語より、英語の方が音声の数が数倍多いのです。
そのため、文字だけですべての発音をカバーできなかったのです。
その逆のことが日本語で起きています。
漢字は、中国の文字です。中国では、漢字一文字づつ、すべて異なる音声が割り当てられています。橋(きょう)と教では音が異なります。でも、日本語の方が発音の数が少ないので、京も教も経も興も全部、きょう と発音します。
外国語の文字をつかうと、必ず、発音の不一致が起きるのです。

chie_inetさん

2019/1/722:34:23

日本語の表音文字であるかなも、発音と完全に一致はしていませんよ。「とんぼ」の「ん」と「けんた」の「ん」は違う音です。上下唇の間に指を置くと「とんぼ」は発音できないが「けんた」は発音できることからも明らかです。

もっとも、英語は歴史的に綴りと発音が乖離するような変化が起こったので、他のヨーロッパ諸語と比べてもその乖離は大きくなっています。

起こってしまったことなので今更「なんで」を問うてもしかたありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる